借金の相続

自分や親が借金をしていなくても、自分が借金を支払う義務が発生する場合があります。

親が亡くなったとき、借金があれば、その子は借金を払う義務があります。これは理解できます。

ところが、付き合いのない親戚の借金を背負う場合があります。

例えば、こういう事例です。
自分の父親の兄弟が亡くなって、その兄弟の借金を請求される、という事例です。

自分の父親は、だいぶ前に亡くなっているので、今では父親の兄弟との付き合いがまったくない。
その兄弟が亡くなり、亡くなったという事実も知らない。

ある日、遠方の市役所から、その兄弟の住民税が滞納になっているので、支払ってください、というものです。

市役所の人いわく、その人の子供が相続放棄したので、あなたに住民税を支払う義務があります、と。

亡くなった人の子供が相続放棄すると、その子供は最初から相続人ではないことになるので、すなわち、亡くなった人に子供がいないのと同じことになるので、次順位の相続人は、亡くなった人の兄弟になります。

その兄弟がすでに亡くなっている場合は、その兄弟の子供が相続人になります。これを代襲相続といいます。

事例の場合、従兄弟が相続放棄し、自分の父親は、すでに亡くなっているので、自分が相続人になります。

法律上はともかく、心情的には自分に関係のない住民税を払いたくないのは当然です。

そこで、自分も相続放棄をすることになります。
相続放棄するということは、手間隙、当然、費用がかかるけれども、これをしないと住民税を支払わなければいけません。

不本意ながら、なんで、こんなことをしなければいけないの、と思いつつも、相続放棄の手続をしないといけません。

それも、相続放棄の申述、申立は、亡くなった人の遠方の家庭裁判所にしなければいけません。

本来、自分に関係がないので、すくなくとも、費用は従兄弟に払ってもらうのもひとつの手かもしれません。