相続登記情報館トップ相続事例集>相続相談:共有者の一人が相続人不存在の場合

相続相談:共有者の一人が相続人不存在の場合

共有者のうちの一人が、戸籍上の相続人がいないまま死亡したときは、その持分は、どうなるのでしょうか?

通常、不動産の登記名義人が死亡したときは、戸籍上の相続人がいませんので、相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立て、

  1. 相続財産の清算の公告(2か月以上)
  2. 相続人捜索の公告(6か月以上)
  3. 特別縁故者への分与(3か月以内)
    の順番に、手続を進めます。

最終的には、相続人なくして死亡した不動産の名義人の所有権は、国庫に帰属することになります。
あるいは、相続財産管理人が、家庭裁判所の許可を得て不動産を売却し、金銭を国庫に納めます。

ところが、民法第255条の規定によると、
共有者の一人が相続人なくして死亡したときは、その持分は、他の共有者に帰属する、と規定されています。

すなわち、戸籍上の相続人がいないまま共有者が死亡したときは、その持分は、他の共有者の持分となります。

この場合、死亡した共有者の持分を他の共有者に移転登記することとなります。

移転登記する順番は、

  1. 相続財産管理人を家庭裁判所に選任してもらいます。(相続財産管理人選任の申立)
  2. 死亡した共有者の名義を「亡だれだれ相続財産」に登記名義人の変更登記をします。
  3. 相続財産管理人は、「相続財産の清算の公告」をします。
    この期間は2か月以上です。
  4. 家庭裁判所は、相続財産管理人の請求により、「相続人捜索の公告」をします。
    この期間は6か月以上です。
  5. 3か月以内に、特別縁故者の請求によって、相続財産を分与するという規定があります。
  6. 相続財産の残存することが確定した後、他の共有者に、「相続人不存在確定」を登記原因として持分移転登記をします。