相続登記情報館トップ相続事例集推定相続人の廃除(勘当との違い)

推定相続人の廃除(勘当との違い)

推定相続人とは、相続が開始した場合に相続人となるべき人をいいます。
将来的に、相続人の資格がある人のことをいいます。

これに対して、法定相続人とは、相続が開始したときの相続人をいいます。

勘当とは、例えば、親が子に対して、「お前と親子の縁を切る」というような場合です。
実の子に対して、このように言っても法律上の効果はありません。
実の親子関係を切ることはできません。

養子縁組によって法律上、親子関係が成立している場合は、離縁の届出をすることによって、親子関係を解消することができます。
もっと、こういう場合、片方が承諾すればの話しですが。
ただ、離婚と同様に、裁判による離縁もあります。

推定相続人の廃除は、例えば、親が子に対して、「お前と親子の縁を切る」というような場合に、親が子に相続させたくない、というときに使えます。

この推定相続人の廃除は、生前は、家庭裁判所に相続人廃除の請求をすることができます。

遺言によっても、相続人の廃除をすることができます。
遺言による場合は、家庭裁判所に廃除の請求をする遺言執行者を決めておいた方がよいでしょう。

推定相続人の廃除を請求するには、廃除する理由が必要です。
理由もなく廃除を請求することはできません。
1.被相続人に対する虐待
2.被相続人に対する重大な侮辱
3.その他の著しい非行

相続人の廃除は、推定相続人の相続権を奪うことになるので、廃除する理由は、具体的で著しい、と家庭裁判所に判断されるべき理由でなければなりません。

被相続人の推定相続人が、兄弟姉妹の場合、相続人の廃除を請求することはできません。
相続人の廃除は、遺留分を有する推定相続人に対して、だけだからです。

兄弟姉妹には、遺留分がないので、この場合、配偶者に全部相続させるか、第三者に全部遺贈させるか、を遺言すれば、兄弟姉妹は相続することができなくなります。