相続登記情報館トップ相続事例集数次相続と1件申請による相続登記(各世代の相続人が一人)

数次相続と1件申請による相続登記(各世代の相続人が一人)

事例
不動産名義人の被相続人Aさん(祖父)に続いて、その子(父)一人が亡くなり、その子(子)一人が相続人となった場合

被相続人Aさん(祖父)→(亡)父→相続人子

この場合、被相続人Aさんの配偶者はAさんの死亡前に他界し、その子(父)の配偶者(母)もその子(父)の死亡前に他界しています。

数次相続では、原則、2件で登記申請します。第一の相続と第二の相続の2件です。

事例のように、被相続人の後に、一人の相続人が他界し(第一の相続)、一人の相続人が相続(第二の相続)する場合の数次相続では、いずれも各世代の相続人が一人の場合には、法定相続による相続登記を1件で申請することができます。

この場合の登記申請に記載すべき登記の原因は、次の記載になります。
原因 平成○○年○○月○○日父相続、平成○○年○○月○○日相続
というように、第一、第二の相続の日付を記載します。

戦前の家督相続の場合も、1件で登記申請できます。