相続登記情報館トップ相続事例集数次相続登記と遺産分割協議書の記載方法

数次相続登記と遺産分割協議書の記載方法

相続事例
被相続人(父)(平成23年8月1日死亡)→相続人(子)Aと亡・B(平成23年10月1日死亡)
亡・Bの相続人(孫)C・Dの場合、
相続人のAが相続により取得する場合の遺産分割協議書の記載方法は、次のようになります。

被相続人横浜関内(昭和10年1月1日生)の平成23年8月1日死亡による相続について、その相続人全員において遺産分割協議をした結果、次のとおり決定した。
なお、相続人のうちBが平成23年10月1日死亡しているため、亡・Bの遺産についても相続人のC及びDが協議した。

相続人Aは次の不動産を相続する。
不動産の表示(以下省略)

この事例の場合、
亡・Bの相続人Cが、不動産を相続したいときは、一度、亡・Bが遺産分割により相続したという協議書を作成し、さらに、亡・Bについて相続人Cが相続するという遺産分割協議書を作成します。

この場合は、亡・B名義への相続登記を省略して相続人C名義へ直接、相続登記をすることができます。
上記の例で、この場合の登記原因は次の記載となります。
平成23年8月1日B相続、平成23年10月1日相続。(長野地方法務局松本支局で登記完了)

参照:遺産分割調停調書による相続登記