相続登記情報館トップ相続事例集数次相続登記の方法

数次相続登記の方法

例えば、Aさん名義の不動産で、AさんBさん夫婦とその子供CさんDさん2人がいる場合を考えてみましょう。

Aさんが亡くなって、その相続手続きをしないうちにBさんが亡くなった場合にする相続手続きが数次相続です。

法定相続でするとき

この数次相続の場合で、子供2人が法定相続分(4分の1ずつ)で相続登記するときは、最初に、Aさんが亡くなったときの相続登記をします。
この相続登記は、法定相続分で登記し、亡くなったBさんの持分は2分の1、子供2人はそれぞれ4分の1ずつ登記します。

その次に、亡くなったBさんの持分2分の1について、子供2人が法定相続分(4分の1ずつ)で相続登記します。
もっとも、この2回の相続登記を申請するときは、同時に連続して行います。

このように2回登記すると、子供の持分は、4分の1ずつで2回登記したので、1人について4分の2、全体で4分の4になります。(1になります。)

遺産分割でするとき

上記の場合、Bさんが亡くなった後に、子供2人の話し合い、遺産分割の協議で、子供のうちAさん1人が不動産全部を相続する話し合いが成立したときにする相続登記は、1回で済みます。
遺産分割協議書も1回分の協議書を作成すれば済みます。