相続登記情報館トップ相続事例集数次相続登記(遺産分割協議が2回必要な場合)

数次相続登記(遺産分割協議が2回必要な場合)

数次相続登記とは、亡くなった方(被相続人)Aさんの相続登記をしていないうちに、被相続人Bさんが亡くなった場合にする登記です。

数次相続登記のうち、
ケース1 
父Aさんの次に母Bさんが亡くなり、その子供Cさん、Dさんが法定相続分で登記する場合は、父Aさんの相続登記をして、続いてBさんの相続登記をします。
法定相続分による登記の場合は、必ず、2回登記しなければなりません。

ケース2
ケース1の事例で、相続人であるCさん、Dさんが、遺産分割で相続登記する場合は、父Aさん、母Bさんについての遺産分割を一括して協議し、相続登記は、1回ですることができます。

ケース3
ケース1の事例に追加して、父Aさん、母Bさん、続いて、その子Cさんが亡くなった場合で、Cさんに配偶者Eさん、その子(孫)Fさんがいる場合、法定相続によるときは、3回、法定相続分による登記をしなければなりません。

この事例で、すべて遺産分割で相続登記する場合は、まず、父Aさん、母Bさんの相続人は、Dさんと、Cさんが亡くなっているので、Cさんの相続人である配偶者Eさんとその子Fさんが、遺産分割協議をして、Aさん、Bさんの遺産について決定します。

この遺産分割で、Cさんが相続する遺産があれば、さらに、Cさんについての遺産分割協議を配偶者Eさん、その子Fさんがして決定します。
この場合、相続登記は2回します。

結論として、数次相続の場合、法定相続分による登記は、すべてする必要があります。

遺産分割の場合は、被相続人の法定相続人が同一のときは、まとめて1回遺産分割協議をすることができ、この場合、相続登記は1回で済みます。

被相続人の法定相続人が同一でないときは、遺産分割協議を別々にする必要があります。
第1の遺産分割で亡くなった方が相続したという場合は、亡くなった方名義の相続登記を省略して、最終的に相続した方名義に相続登記をすることができます。(長野地方法務局松本支局・東京法務局板橋出張所・函館地方法務局で登記完了)

参照:数次相続登記と遺産分割協議書の記載方法
参照:遺産分割調停調書による相続登記