法定相続人

 目次

通常の相続人

 相続が開始しとき、誰が相続人になれるかは、
 民法によって決められています。
 これを法定相続人といいます。

 被相続人一人に相続が開始した場合、
 次の人が法定相続人となります。

配偶者は、常に法定相続人
第1順位(はじめは)子(→孫)
第2順位(子・孫がいないとき)祖父母
第3順位(子・孫・祖父母がいないとき)兄弟姉妹
  •  亡くなられた方(被相続人といいます。)の配偶者は、
     常に法定相続人となります。
     ここにいう配偶者とは、法律上の婚姻関係にある人、
     すなわち、戸籍上に婚姻の記載がある人ということになります。

     内縁の妻は、法律上の婚姻関係にある人とはいえないので、
     法定相続人になれません。
     内縁の妻に相続させたい(遺贈)場合には、
     公正証書遺言など法律上の遺言を作成しておいた方が良いでしょう。
  •  被相続人の子(養子を含みます。)、孫、親、兄弟姉妹、甥・姪は、
     次の順番で法定相続人となります。養子の相続はこちらを参照してください。
    •  最初に法定相続人となれるのは子、
       子がすでに亡くなっている場合(代襲相続)は、孫、
       孫もすでに亡くなっている場合(代襲相続)は、ひ孫、
       と以下被相続人の直系を下にたどっていきます。

    •  次に、被相続人の直系を下にたどって子を含め誰もいない場合は、
       親になります。
       親がすでに亡くなっている場合は、兄弟姉妹に移ります。

    •  最後に、被相続人の兄弟姉妹が法定相続人になります。
       兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合(代襲相続)は、
       兄弟姉妹の子(甥、姪)が法定相続人になります。

       兄弟姉妹の子(甥、姪)もすでに亡くなっている場合は、
       子のようにその下の甥の子・姪の子は法定相続人になれません
       (昭和56年1月1日以降に開始した相続)。

  以上は、被相続人一人に相続が開始した場合に言えることです.

  •  数次相続の場合、例えば、被相続人の相続開始後、相続手続をしない間に、
     その子が亡くなった場合は、どうなるでしょうか。
     すなわち、被相続人が2人いる場合はどうでしょうか。

     最初に亡くなった被相続人の法定相続人は、前記の順番で法定相続人が決まります。
     次に亡くなった子についても前記の順番で法定相続人が決まることになります。

     したがって、最初に亡くなった被相続人の相続手続をしておかないと、
     法定相続人が増えていき、
     遺産分割協議をするにも困難を極める可能性が高くなります。
     相続手続を早めに行うことの理由はここにあります。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)

  •  ケース1
     第1順位の相続人である子が、
     被相続人の死亡前に、すでに亡くなっている場合、
     第1順位の相続人である子の子、すなわち、孫が法定相続人になります。

     第1順位の相続人である子に配偶者がいても、
     その配偶者は法定相続人になれません。

     代襲相続をした孫も、被相続人の死亡前に、すでに亡くなっている場合
     孫の子、すなわち、ひ孫が法定相続人になります。

     これに関連して、代襲相続ではありませんが、
     第1順位の相続人である子が、被相続人の死亡後に、亡くなっった場合
     第1順位の相続人である子に配偶者がいれば、
     配偶者とその子(孫)が法定相続人になります。
  •  ケース2
     第3順位の兄弟姉妹が、被相続人の死亡前に、すでに亡くなっている場合、
     この兄弟姉妹の子、すなわち、甥、姪が法定相続人になります。
     この兄弟姉妹に配偶者がいても、その配偶者は法定相続人になれません。

     代襲相続をした甥、姪も、被相続人の死亡前に、すでに亡くなっている場合、
     甥、姪の子は、法定相続人になれません。
     ただし、昭和55年12月31日以前に開始した相続については、
     子の場合と同様、甥、姪の子も法定相続人になれます。

   代襲相続の遺産分割も参照してください。

参照:養子の相続は?
参照:被相続人の兄弟姉妹の相続は?(代襲相続)
参照:相続人がいないときは
参照:相続登記と成年後見人
参照:認知症の相続人に代わって遺産分割に参加することは?
参照:相続登記と未成年者の特別代理人
参照:行方不明者が唯一の相続人の場合は?
参照:相続相談:共有者の一人が相続人不存在の場合
参照:相続回復請求権