法定相続分

 目次

法定相続分の基本

 法定相続分は、法律により定められた相続できる割合です。

 法定相続人が誰になるか決まりましたら、
 次はその法定相続人がどれくらい相続できる割合があるか、
 相続分を考える必要があります。

 この法定相続人の相続分も民法によって決められています。
 これを法定相続分といいます。

 ただし、この法定相続分は、法定相続人全員の合意により、
 変更することができます。
 これを遺産分割といいます。

 法定相続分の主なものは、次のとおりです。
 (昭和56年1月1日以降に開始した相続について)

  •  配偶者と子法定相続人の場合
      法定相続分の割合 配偶者は2分の1子は2分の1
      子が数人いる場合は、相続分2分の1について、さらに均等に相続
      非嫡出子(嫡出でない子)の相続分は、嫡出子の2分の1

      嫡出子は、一般的に婚姻関係にあるときに生まれた子です。
      非嫡出子は、一般的に婚姻関係にないときに生まれた子です。

      非嫡出子が嫡出子の身分を取得する場合は、、二種類あります。
      ? 婚姻による準正
       父に認知された非嫡出子が、父母の婚姻によって、嫡出子の身分を取得する場合
       この場合、婚姻の時から嫡出子の身分を取得します。
      ? 認知による準正
       認知されていない子が、父母の婚姻後に認知され、嫡出子の身分を取得する場合
       この場合、認知の時から嫡出子の身分を取得します。

  •  配偶者と父母法定相続人の場合
      法定相続分の割合
       配偶者は3分の2父母は3分の1
       親が2人いる場合は、相続分3分の1について、さらに均等に相続

  •  配偶者と兄弟姉妹法定相続人の場合
      法定相続分の割合 配偶者は4分の3兄弟姉妹は4分の1
      兄弟姉妹が数人いる場合、相続分4分の1について、さらに均等に相続
  •  昭和55年12月31日までに開始した相続
    •  配偶者と子法定相続人の場合
        法定相続分の割合 配偶者は3分の1子は3分の2
    •  配偶者と父母法定相続人の場合
        法定相続分の割合
         配偶者は2分の1父母は2分の1
    •  配偶者と兄弟姉妹法定相続人の場合
        法定相続分の割合 配偶者は3分の2兄弟姉妹は3分の1

具体的な法定相続分

昭和56年1月1日以降に開始した相続について)

  •  法定相続人が、被相続人の配偶者と子の場合
     配偶者の法定相続分は全体の2分の1(50%)、
     子の法定相続分も全体の2分の1(50%)。

     子が2人以上いる場合、例えば、子が3人の場合は、
     子の間で均等に割り、全体の2分の1に3分の1をかけます。
      すると、1/2×1/3で、子1人あたり6分の1が法定相続分となります。

     ただし、3人の子のうち1人が非嫡出子の場合は、
     他の子(嫡出子)の法定相続分の2分の1となります。

     この場合、非嫡出子の法定相続分は1/2×(2+2+1)で10分の1となり、
     嫡出子の法定相続分は10分の2となります。

  •  法定相続人が、被相続人の配偶者と親の場合
     配偶者の法定相続分は全体の3分の2、
     親の法定相続分は全体の3分の1。

     親が2人いる場合、均等に割り、全体の3分の1に2分の1をかけます。
     すると、1/3×1/2で、親1人あたり6分の1が法定相続分となります。

  •  法定相続人が、被相続人の配偶者と被相続人の兄弟姉妹の場合
     配偶者の法定相続分は全体の4分の3、
     兄弟姉妹の法定相続分は全体の4分の1。

     兄弟姉妹が2人以上いる場合は、
     兄弟姉妹の間で、4分の1について、さらに均等に割ります。

  •  配偶者がいない場合は、
     相続の順番にしたがって、子、親、兄弟姉妹が単独で全部を相続します。

     ただし、数次相続の場合、
     例えば、被相続人の相続開始後、
     相続手続をしないうちにその配偶者が亡くなった場合、
     その配偶者に、被相続人とは別の人との間に生まれた子がいれば、
     (配偶者に連れ子がいる場合)、
     その子もその配偶者の法定相続人であるので、
     結局、最初に亡くなった被相続人の遺産について、
     その配偶者の法定相続分を有することになります。

参照:養子の相続は?
参照:非嫡出子の法定相続分は?
参照:相続における遺留分と遺言の関係
参照:相続における寄与分
参照:相続における特別受益者
参照:特別受益者の相続分(生命保険金)