相続登記情報館トップ相続事例集特別受益者の相続分(生命保険金)

特別受益者の相続分(生命保険金)

生命保険金が特別受益の対象となりますか?

遺贈や生前贈与の価額を相続財産に加えることを特別受益の持ち戻しといったり、相続財産への持ち戻しといいます。

生命保険金を相続人の一部の人が受取人として受け取った場合に、これが特別受益にあたるのか、という問題です。

相続人を受取人とする生命保険契約に基づいてその相続人が受け取る生命保険金は、相続財産にはあたらず、受け取った相続人の固有の財産だとされています。

基本的には、生命保険金を一部の相続人が受け取っても、これは特別受益にはあたらないため、相続財産に加える必要がないこと、すなわち、相続財産への持ち戻しをする必要はない、ということになります。

最高裁判所の平成16年の判決でも、基本的に、相続人の一部の者を受取人とする死亡保険金請求権は、その受取人固有の権利であって、相続財産に属しない、としています。

ただ、例外的に、これによって、相続人間の不公平が到底是認できないほどに著しいときは、特別受益の持ち戻しになるとしています。