相続登記情報館トップ相続事例集生前売買による登記(相続登記は必要?)

生前売買による登記(相続登記は必要?)

買主または売主が生前売買した不動産を登記する場合、相続登記をする必要がありますか?

不動産を生前売買した場合というのは、売買契約と代金の精算が完了した場合をいいます。

こういった場合、売買の当事者である買主または売主は、すでに亡くなっているので、どういう登記の方法をとるべきでしょうか。

? 買主が亡くなっている場合

この場合、売主から亡くなった買主へ所有権移転登記を申請します。

このとき、亡くなった買主名義への登記は、買主の除票と相続人の一人から相続証明書を付けて申請します。

亡くなった買主名義に登記をしたら、その後は、通常の相続登記と同様の方法で申請します。

? 売主が亡くなっている場合

この場合、亡くなった売主から買主に所有権移転登記を申請します。

このとき、売主の相続人に相続登記をしてから買主に所有権移転登記をする必要がありません。

この理由は、売買が、亡くなった売主のときに、すでに完結しているからです。

亡くなった売主から買主への所有権移転登記では、亡くなった売主の相続人全員が相続証明書と印鑑証明書を付けて申請します。