相続登記情報館トップ相続事例集相続人に不動産を取得させたいときの遺言書の文言

相続人に不動産を取得させたいときの遺言書の文言

遺言で、相続人に「相続させる」と「贈与する」どちらがいいでしょうか。

公正証書遺言、自筆証書遺言など法律上の遺言形式で遺言書を作成するとき、特定の不動産を特定の相続人のものにさせるには、「〜に相続させる」にした方がいいのか、「〜に贈与する」あるいは「〜のものとする」どちらがいいでしょうか。

最近の判例では、「相続させる」と「贈与する」の違いが明確にされています。

遺言で「相続させる」の場合は、特定の相続人に、相続開始時において確定的に承継されるので、これによる相続登記がなくても第三者に対抗できます。
第三者に権利を主張することができます。

遺言で「相続させる」の場合は、遺言者の死亡時に、当然、相続人に承継されるので、これに反する遺産分割はできない、ということになります。

「相続させる」の場合は、たとえ、遺言執行者がいても、相続人は単独で相続登記を申請できます。

これに対して、「贈与する」あるいは「ものとする」の場合、これによる遺言は、遺贈と判断され、遺言執行者がいれば遺言執行者が、いなければ法定相続人全員が義務者となり、遺贈を受ける相続人が権利者となって登記申請します。

「贈与する」あるいは「ものとする」の場合は、これによる登記をしなければ第三者に対抗できない、権利を主張することができません。

登記所の判断も、「相続させる」の場合の登記原因を「相続」とし、「遺贈する」は、もちろんのこと、「贈与する」、「ものとする」の場合は、登記原因を「遺贈」としています。

ですから、「相続させる」の場合は、相続人が単独で申請し、これ以外の文言は「遺贈」とし、単独申請はできず、共同申請となります。

遺言書を作成する場合、特定の相続人のものにさせたいときは、「〜に相続させる」という文言を使うのがよいでしょう。