相続登記情報館トップ相続事例集>相続人3人共有名義で相続登記する場合の登記費用と権利証の通数は?

相続人3人共有名義で相続登記する場合の登記費用と権利証の通数は?

3人共有名義で相続登記する場合の登記費用は、事務所によって司法書士報酬が異なります。

2人以上、1人増えるごとに司法書士報酬を追加する事務所があります。

相談者から質問され、当事務所の場合は、法定相続人が5人までであれば基本報酬で済みます。

ですが、不動産が何か所もあり、それぞれの不動産を管轄する登記所が異なる場合は、別途、司法書士報酬を追加させていただいております。

これは、登記所が何か所もあるときは、それぞれ個別に登記申請しなければならないからです。

この場合であっても、2か所目以降は、基本報酬よりはお安くなります。

次に、3人共有名義で相続登記した場合、登記完了後に発行される権利証は、3人別々に発行されるかという質問です。

現在、登記所では、オンライン申請に移行している登記所が増えてきており、神奈川県内の場合、すべての登記所でオンライン申請をすることができます。

こういうオンライン申請ができる登記所では、従来発行されていた登記済証(権利証)に代わって、「登記識別情報」(権利証)というものが発行されています。

登記識別情報に代わってからは、3人共有名義で登記した後の登記識別情報(権利証)は、3人分、3枚発行されます。

オンライン申請に移行していない登記所では、登記済証(権利証)は1通発行され、3人のうちの1人が保管することになります。