相続登記情報館トップ相続事例集相続放棄したときの生命保険金は

相続放棄したときの生命保険金は

相続放棄しても生命保険金は受け取れるでしょうか。

例えば、亡くなった父親の借金の総額が2億円で、父親が亡くなったことによる生命保険金が2億円の場合、父親の2億円の借金を相続放棄しても、2億円の生命保険金を受け取ることができるでしょうか?

これができるとしたら、なんか変な気がしますね。

ですが、この問題については争いがないので、次のように分けて考えます。

この問題は、生命保険契約の受取人が誰になっているかによって結論が異なります。

? 受取人がAさんというように、特定の(相続)人が指定されている場合は、受取人が生命保険金請求権を取得します。

この場合、相続財産には含まれないので、相続放棄した相続人が指定されているときは、生命保険金請求権を取得し、生命保険金を受け取ることができます。
生命保険金を受け取っても相続放棄ができます。

? 受取人を「相続人」と書いて指定した場合は、相続人が生命保険金請求権を取得します。

この場合も、生命保険金請求権は相続財産ではないので、相続人は相続放棄しても、生命保険金を受け取ることができます。

? 受取人を「被相続人(亡くなった人の名前)」に指定した場合は、生命保険金請求権は相続財産となります。
この場合、生命保険金を受け取ると相続放棄はできなくなり、相続放棄をすると生命保険金を受け取ることができなくなります。