相続登記情報館トップ相続事例集相続登記した後の遺産分割協議による登記

相続登記した後の遺産分割協議による登記

相続登記した後、遺産分割で登記をすることは、通常、あまりしません。できることはできます。
相続登記をしてから、遺産分割で登記をすると、二重に登記費用がかかることになるので普通はしません。

相続登記の場合、主に、法定相続による登記、あるいは遺産分割による登記で、一度に済ます方法をとるのが一般的です。

ですが、相続登記をしてから遺産分割で登記するという場合、最初に、法定相続分で登記をします。
その後に、遺産分割を登記原因として持分の移転登記をします。

例えば、法定相続人のAさんとBさん名義で登記をした後、遺産分割を登記原因として、Bさん持分全部移転登記をすることによって、Aさん単独名義にするという方法です。

問題となる登記として、最初の相続登記を遺産分割でAさん名義にして、その後、遺産分割をやり直してBさん名義にできるか、ということです。

この場合、最初の遺産分割による登記の原因は相続です。
2回目の登記の原因は遺産分割です。
要するに、遺産分割を2回することはできるか、ということです。
これはできます。理屈では。

ですが、この方法で登記をすると、2回目の登記では、税務上、贈与税で課税されます。
さらに、不動産取得税もかかることになります。
結論的には、実際、やらない方が無難です。

法定相続で登記をしてから遺産分割で登記するという場合で問題となるのは、先の例で、兄弟2人がいて、その一人Aさんが、他の兄弟Bさんの同意を得ないで、法定相続分によるAさんとBさん名義の相続登記をした場合です。
この場合、法定相続人の一人から、共有物の保存行為として、この登記を申請することができます。

ですが、オンライン指定庁では、委任状に署名、押印した者に対してだけ、登記識別情報(従来の権利証に代わるもの)が発行されることになっています。
ですから、この場合、Bさんの登記識別情報は発行されません。

その後、遺産分割でBさん名義にするという協議が成立したので、登記原因を遺産分割として、Aさんの持分全部をBさんに移転登記します。

この場合、最初の法定相続分による登記で、Bさんの持分が登記され、2回目の遺産分割による登記でBさんは単独の所有者になります。

ここで、問題は、最初の相続登記でBさんの同意なしにAさんが登記し、その結果、登記識別情報が発行されなかったので、Bさんとしては、その不動産の半分だけの登記識別情報しか持っていないことになります。

Bさんは、不動産全体の権利証を持っていないので、今後、権利証を必要とする登記をする場合、別の手続と費用がかかることになります。