相続登記情報館トップ相続事例集相続登記と未成年者の特別代理人

相続登記と未成年者の特別代理人

親権者と未成年の子との間で利益が相反する場合は、家庭裁判所に特別代理人選任の申立てをする必要があります。

この場合、選任された特別代理人が未成年の子を代理して、法律行為をすることになります。

相続の場合も、遺産分割で相続するときは、親権者と未成年の子の特別代理人が、遺産分割協議をします。

次の事例は、どうでしょうか。

配偶者(夫)が亡くなり、相続人は、もう1人の配偶者(妻)と未成年の子である場合で、
相続不動産には、亡くなった配偶者(夫)が債務者となっている抵当権が登記されている場合です。

この事例の場合、法定相続によるときと遺産分割によるときとで、手続きの方法が異なります。

法定相続分で相続する場合、遺産分割協議書を作成する必要はありません。
したがって、未成年の子に特別代理人選任の必要もありません。

法定相続分で所有権移転登記をするときの未成年の子の代理人は、もう1人の配偶者(妻)である親権者がなります。

法定相続分で登記するときは、印鑑証明書は必要ありません。
したがって、未成年の子について印鑑登録の必要もありません。

事例で、亡くなった配偶者(夫)が債務者となっているので、法定相続の場合、亡くなった配偶者(夫)の債務は、もう1人の配偶者(妻)と未成年の子が引き継ぎます。

銀行との関係では、通常、未成年の子には返済能力がないので、結果的に、もう1人の配偶者(妻)が債務者になるように、言われます。

また、銀行からは、登記された抵当権の債務者をもう1人の配偶者(妻)に変更するように、言われます。

債務者を亡くなった配偶者(夫)からもう1人の配偶者(妻)に変更する場合、新たに抵当権を設定し直すことはしません。

銀行との関係では、登記されている抵当権の債務者をもう1人の配偶者(妻)に変更する、手続きをすることになります。

法定相続分で登記することによって、登記名義人は、もう1人の配偶者(妻)と未成年の子、ということです。

未成年の子が名義人に入るので、債務者をもう1人の配偶者(妻)に変更するということは、もう1人の配偶者(妻・親権者)と未成年の子の利益が相反することになるので、未成年の子について、特別代理人の選任が必要になります。
この場合、債務をもう1人の配偶者(妻・親権者)が相続することになるので、債務についての遺産分割をすることになります。

土地・建物を法定相続分で相続する場合であっても、
銀行の債務については、未成年の子を債務者に含めることは、
実際、返済には問題がない場合であっても、通常、銀行は承諾しません。

銀行としては、返済能力のある人が、債務者になるのを前提に融資するからです。

新たに融資を受けないとはいっても、亡くなった配偶者の債務を引き継ぐにふさわしい、返済能力のあるのは、もう1人の配偶者なので、銀行としては、もう1人の配偶者が債務者になるよう、要求します。

法定相続分で相続し、登記名義人をもう1人の配偶者(親権者)と未成年の子にして、亡くなった配偶者(夫)の債務をもう1人の配偶者(妻)が引き継ぐ、ということは、債務だけ、もう1人の配偶者(妻)が負うことになるので、不自然なことになってしまいます。

また、法定相続分で相続登記する場合であっても、銀行との関係では、結局、債務者の変更登記をするためには、未成年の子について、特別代理人を選任する必要があります。

そこで、通常は、次のように対処します。

配偶者(妻)と未成年者が相続する場合、相続の名義人をもう1人の配偶者(妻)とし、債務も、もう1人の配偶者(妻)が引き継ぐ、とする遺産分割にします。

この内容で、未成年の子について、特別代理人選任を家庭裁判所に申し立てます。

申し立てをするときには、次の内容の遺産分割協議書(案)をつけます。

遺産分割協議書の内容は、
?土地・建物は、もう1人の配偶者(妻)が相続します。
?銀行の債務も、もう1人の配偶者(妻)が相続します。

特別代理人は、もう1人の配偶者(妻)の両親など、親戚に頼みます。
遺産分割協議書には、特別代理人が実印を押印して、印鑑証明書をつけます。
相続登記には、家庭裁判所が発行する特別代理人選任審判書をつけます。

これで、もう1人の配偶者(妻)に相続登記をします。

銀行との関係では、債務者を亡くなった配偶者(夫)からもう1人の配偶者(妻)に変更する手続きをします。
銀行の手続きでは、もう1人の配偶者(妻)と特別代理人で手続きをします。

なお、亡くなった配偶者(夫)の債務が、住宅ローンで団体生命保険に加入していた場合は、保険が降りるので、これで債務を返済できることになります。

債務を返済することになるので、亡くなった配偶者(夫)が、債務者となっている抵当権を単に抹消すればよいことになります。

この場合、法定相続分で登記をすることができます。
抵当権を抹消する場合も、親権者であるもう1人の配偶者(妻)が、未成年の子の代理人となって、登記します。
特別代理人を選任する必要はありません。