相続登記情報館トップ相続事例集相続登記と遠方への登記申請

相続登記と遠方への登記申請

平成17年に不動産登記法が改正され、相続登記の申請をオンラインで、インターネットを利用して、申請できるようになりました。

これにともない、相続登記申請書類を登記所に郵送する方法での申請も可能となりました。

それ以前に、遠方に相続登記申請するときは、遠方の地元の司法書士に、代理申請という方法で、相続登記申請書類をその司法書士に郵送し、代理で登記所に相続登記申請書類を持参して申請してもらっていました。
このことは、当然に、代理申請してもらう司法書士に報酬を支払う必要がありました。

登記所での登記申請以外にも、登記事項の証明書の取得、公図の取得など、登記所に必ず出向かなければなりませんでした。

ところが、今日では、相続登記申請をオンラインでする方法と相続登記申請書類を登記所に郵送して申請するという方法があります。
相続登記申請をオンラインでするとはいっても、登記申請書と登記原因証明情報(相続関係説明図)をオンラインで送信し、相続登記書類の多くの添付書類は、郵送することになります。

相続登記が完了した後の完了書類も登記所からの郵送で受け取ることができます。

ということで、今日、日本全国、どこの不動産であっても、オンライン申請または郵送申請ができます。
また、登記事項の証明書の取得、公図の取得なども、オンラインで申請、郵送で受領することができます。
このことは、依頼されるお客様にもメリットがあります。
以前のように、代理申請してもらう遠方の司法書士に代理申請の報酬を支払う必要がないからです。

もちろん、今日においても、登記所に相続登記申請書類を持参して申請し、完了書類も登記所に出向いて受領することができることはいうまでもありません。