相続登記情報館トップ相続事例集相続登記と遺言書の内容

相続登記と遺言書の内容

遺言により不動産を取得させたい場合の文言について、その文言を間違えると、相続登記の際、スムーズに手続をすることができない場合があります。

遺言により不動産を取得させたい場合の文言については、例えば、次のとおりです。

  • 誰に何を「相続させる」
  • 誰に何を「あげる」
  • 誰に何を「贈与する」
  • 誰に何を「譲渡する」
  • 誰に何を「遺贈する」

上記の文言のうち、
「相続させる」という文言の場合だけ、法定相続人が「相続」により登記することができます。
すなわち、相続により取得した相続人の単独で、他の法定相続人の協力を得ることなく相続登記を申請することができます。

その他の文言の場合、「あげる」「贈与する」「譲渡する」「遺贈する」の場合は、「遺贈」を登記原因としますので、法定相続人の単独で相続登記を申請することができません。

この場合、法定相続人は、他の法定相続人全員または遺言執行者の協力を得て、相続登記を申請します。