相続登記情報館トップ相続登記の必要性

相続登記の必要性

  •  相続登記とは、不動産の登記名義人がお亡くなりになった場合に、
     その不動産の登記名義を相続人に変更する手続です。

     すなわち、土地、建物を相続によって取得した場合に、
     被相続人から相続した人に名義変更する手続きです。
  •  相続登記手続を、いつまでにしなければならないという期限はありませんが、
     ご自分が相続によって取得された権利を確定しておかないと、
     将来争いが生ずる恐れがあります。
     そのために相続登記をします。
  •  また、相続により取得された不動産を売却する、贈与する、
     担保を設定する、担保を抹消する場合には、
     相続登記をしておく必要があります。
  •  相続登記をしないで何年、何十年も経過した場合、
     法定相続分(法律で定められた相続の割合)は、
     相続登記をしなくても第三者に主張することができますが、
     遺産分割協議によって法定相続分とは異なった相続分や相続の仕方をした場合には、
     相続登記をしなければ、第三者に主張することができないため、
     必ず相続登記をする必要があります。
  •  第一の相続が開始して相続登記をしないでそのままにしていたところ、
     第二の相続が開始した場合には、
     新たな相続関係が発生し、別の法定相続人が登場することになり、
     第三、第四と続く場合には、ますます相続関係が複雑になります。

     例えば、いざ、相続不動産を売却しようとする場合には、
     相続関係が複雑で法定相続人も多数登場することから、
     話し合いの内容、用意する書類など困難を極め、
     実際、売却するまで相当な時間を要することになります。
     したがって、相続登記を早めにする必要があります。
  •  売却する場合、担保に供する場合、
     例えば、相続した不動産を売却したい場合、
     金融機関からの借り入れにともない、
     相続した不動産を金融機関に担保として提供する場合には、
     必ず、相続登記を済ませる必要があります。

     この相続登記をしないで、
     所有権移転登記や抵当権設定登記を申請しても、
     登記所はこれら登記を受け付けてくれません。