相続登記情報館トップ相続登記申請の仕方

相続登記申請の仕方

 ご自分で相続登記を申請したい、と思われる方は、チャレンジしてみてください。
 あくまでも、自己責任でお願いします。
 これを利用することによる損害について、当事務所は一切の責任を負いません。
 細かい点については、本ウェブサイトの各項目でご確認ください。

 わからないことがありましたら、最寄りの登記所で、ご相談ください。
 最寄りの登記所は、法務局(登記所)の管轄で確認してください。

 登記所には、登記相談官がおりますので、いきなり最初から相談に行かれるもよし、
 ご自分で調べてわからないことがあったら行くもよし、ご自分で判断してください。
 登記相談官は、親切、丁寧に教えてくれますので、お時間のある方は、
 何回でも行って聞いてみてください。
 理想的には、ある程度、登記申請書まで作成して行かれると、登記相談官は楽だと思います。
 たまに、近くの司法書士に依頼することを勧める登記相談官もいます。
 これは、相続関係が複雑であるときに言われるでしょう。

  •  相続人の確定
     相続人が誰なのか、を検討してください。(参考法定相続人
     そのうえで、相続登記に必要な書類を取寄せてください。
     被相続人の除籍謄本など、相続人の戸籍謄本などを取寄せ、
     相続人を確定してください。
     被相続人の除籍謄本の取得方法は、こちらを参考にしてください。

   遺言書があるときは、こちらを参考にしてください。

  •  相続人の相続する割合の決定
     相続人がご自分ひとりであれば問題ありませんが、複数いる場合は、
     誰が、どういう割合で相続するのか、検討、決定してください。

     法定相続分による相続登記をするのか、遺産分割(協議)で相続登記をするのか、
     相続人が複数いる場合は、よく話し合ってください。
  •  相続不動産を管轄している登記所に、相続登記申請書類一式を持って行き、
     登記相談官にチェックしてもらいます。 
     
     登記相談官がOKしたら、
     登録免許税の金額分の収入印紙を印紙売場で購入・貼付して、
     登記申請受付窓口に提出します。
  •  登記完了予定日に、印鑑を持って登記所に出向き、
     登記完了書類を受け取ります。
     
  •  登記がなされているか、確認するために登記事項証明書を申請・取得します。