相続登記情報館トップ相続事例集第2順位以降の相続放棄

第2順位以降の相続放棄

事例
被相続人の相続人は、配偶者と子供2名、被相続人の負債があるようだが、負債額が不明。

配偶者と子供2名は、被相続人の生前、負債があったようなので、家庭裁判所に相続放棄の手続をした。

配偶者から、相続放棄をした旨の連絡を受けた被相続人の兄弟姉妹の一人は、同様に、相続放棄を考えている。
被相続人の兄弟姉妹は、5名、そのうちの3名は、被相続人よりも先に死亡しているので、死亡している兄弟姉妹の子に代襲相続権がある。

連絡を受けた兄弟姉妹の一人は、兄弟姉妹の子とは付き合いがない。

そこで、連絡を受けた兄弟姉妹の一人は、どのように対処したらよいでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連絡を受けた兄弟姉妹の一人は、自分も相続放棄をするには、自分に相続権があることを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立(申述)をする必要があります。。

連絡を受けた兄弟姉妹の一人は、自分に相続権があることを知り、被相続人に債務があるのではないかということを知ったからといって、具体的な債務の額や債権者を認識していないので、自分に相続権があることを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立(申述)をしなければならない、というわけではありません。
具体的な債務の額や債権者を認識してからでも、相続放棄の申立(申述)は、可能です。

ただ、このように、自分が知りもしない債権者から、いつ請求が来るかもしれないと、いう不安感があるのが普通です。

そこで、結論としては、連絡を受けた兄弟姉妹の一人は、自分に相続権があることを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立(申述)をした方がよいでしょう。
このことにより、連絡を受けた兄弟姉妹の一人は、いつ来るかも知れない債権者からの請求に怯えることもなくなり、不安感がなくなります。

次に、相続放棄の手続をした兄弟姉妹の一人は、他の兄弟姉妹や代襲相続人の甥、姪に連絡をしようと考えています。

この時点では、他の兄弟姉妹などは、自分に相続権があるということを認識していません。

相続放棄の手続をした兄弟姉妹の一人が、他の兄弟姉妹などに連絡をすることにより、他の兄弟姉妹などは、自分に相続権があるということを認識することになります。
このことにより、通常の相続放棄ができる期間、3ヶ月の問題が出てきます。
ただ、この場合も、すでに相続放棄の手続をした兄弟姉妹の一人がそうであったように、債務の存在まで知ってしまった場合は、自分が知りもしない債権者から、いつ請求が来るかもしれないと、いう不安感を抱えることになります。

結論としては、相続放棄の手続をした兄弟姉妹の一人は、他の兄弟姉妹などと付き合いがないことから、連絡をしない方がよさそうです。

他の兄弟姉妹などが、相続放棄の手続をした兄弟姉妹の一人から連絡を受けない限り、自分に相続権があることを知ることができないため、相続放棄ができる期間、3ヶ月の問題が出てこないからです。。

他の兄弟姉妹などは、自分に相続権のあることを認識しないまま、時を過ごすことになり、万が一、債権者から、連絡があった場合は、その時から、相続放棄ができる期間が開始することになります。

相続放棄の手続をした兄弟姉妹の一人は、敢えて、他の兄弟姉妹などに連絡しない方がよさそうです。

ただし、被相続人に、不動産があり、明らかに、不動産の価値を上回る債務の存在が認められる場合(債権者と債務の額が明白な場合)は、相続権のある人全員が相続放棄をし、相続人がいない状態(相続人不存在)にして、その不動産を相続財産管理人に引き継ぐ必要があります。

相続相談:相続放棄と第二順位相続人への連絡
参照:限定承認の申述
   第1順位の相続人で相続債務を止める限定承認