相続登記情報館トップ相続相談事例集被相続人のマイナスの財産があるときの相続方法

被相続人のマイナスの財産があるときの相続方法

相続相談事例

  • 被相続人:夫
  • 相続人:妻、子
  • 相続財産
    プラスの財産:マンション(時価700万円)、預金:極少額
    マイナスの財産:借金5件、合計600万円
     うち、
     1件:350万円、内訳 残元金:70万円、遅延損害金:280万円
     その他4件:計250万円(遅延損害金は極少額)
     夫は、会社員であったので、その他の借金は考えにくい。
  • 相続人の子の財産:預金500万円
  • 相続人の意向
    相続人の妻と子は、マンションに住み続けたい。
    相続人の子の財産(預金500万円)で返済できるなら、返済も考えている。

相談内容

  • 家庭裁判所の相続放棄の期限(3か月)が目前に迫っているので、とりあえず、相続熟慮期間伸長の申立てをしたい。
  • どういう方法が最善か。

相談経過

  • 相続熟慮期間伸長の申立て
    現時点では、期限の3か月際で申立て、審判が降りるのが3か月を超えてしまうと熟慮期間伸長が認められない可能性があるので、家庭裁判所に確認をする必要がある。
  • 相続放棄か限定承認か
    相続人の妻と子は、マンションに住み続けたいので、相続放棄をしてしまうと、所有権を失い、出て行かざるを得ないので、相続放棄はできない。
    限定承認は、借金返済の歯止めとして選択してもよいのではないか。
  • 借金合計600万円は、相続人の子の財産(預金500万円)を超えているので、どういう方法、限定承認がいいのか、悩みどころである。
    借金合計600万円を圧縮して、相続人の子の財産(預金500万円)で返済できれば、一番いい。

相談者への提案

  1. 相続熟慮期間伸長申立ての審判が、期限の3か月後であっても問題ないか、家庭裁判所に確認してください。
  2. 借金600万円のうち、1件:350万円(内訳 残元金:70万円、遅延損害金:280万円)の圧縮にトライしてみる。
    遅延損害金の280万円を圧縮できれば、相続人の子の財産で借金を返済できる可能性が高くなり、家庭裁判所の手続を考える必要がなくなる。
    これを早急に債権者と交渉してみる。
    借金の一括返済であれば、遅延損害金を圧縮してくれる可能性がある。
    例えば、350万円を100万円で一括返済をすることを交渉する。
    この交渉を弁護士に依頼すると、着手金30万円、成功報酬25万円、計55万円くらいかかるので、自分でトライしてみる。
    350万円を100万円にできれば、他の借金と合わせて350万円となり、相続人の子の財産(預金500万円)で返済できることになり、家庭裁判所の相続熟慮期間伸長申立てや限定承認の手続をする必要がなくなる。

相談者の対応結果

  1. 相続熟慮期間伸長申立ての審判が、期限の3か月後であっても問題ない。(横浜家庭裁判所)
  2. 借金350万円(内訳 残元金:70万円、遅延損害金:280万円)の圧縮を自分で交渉した結果
    合計100万円の一括返済で交渉したが、170万円であれば合意すると債権者から言われたので、相続放棄の期限も迫っているなど理由を言って、最終的に150万円(残元金:70万円、遅延損害金:280万円を80万円に)で合意した。

借金の返済は、他と合わせて400万円となり、相続人の子の財産(預金500万円)で一括返済できることになり、家庭裁判所の手続をする必要もなく、マンションも手放す必要もなくなった。

(この相談内容は、2019年6月時点での内容です。)