相続登記情報館トップ相続事例集被相続人の兄弟姉妹の相続は?(代襲相続)

被相続人の兄弟姉妹の相続は?(代襲相続)

被相続人(亡くなった方)に、子供、親がいない場合、相続権は、兄弟姉妹にあります。
被相続人に配偶者がいれば、配偶者にも相続権があります。

兄弟姉妹が相続人になる場合で、問題になるのが代襲相続(だいしゅうそうぞく)です。

兄弟姉妹が、被相続人より先に亡くなっている場合が、代襲相続です。

この場合、兄弟姉妹に子供がいれば、子供が相続人になります。
被相続人からみれば、甥、姪にあたります。

さらに、この甥、姪も被相続人より前に亡くなっている場合に、更に代襲相続で、これを再代襲相続といいます、この再代襲相続で、甥、姪の子供が相続人になるでしょうか。

答えは、相続人になりません。

被相続人の子供が、被相続人より先に亡くなっている場合、その子、孫は相続人になります。

孫もすでに亡くなっている場合は、ひ孫が相続人になります。

このように、直系卑属では、被相続人から直線的にずっと下りていきます。
直系卑属では、再代襲によって相続権があります。

ですが、被相続人の兄弟姉妹の場合は、甥、姪(傍系卑属)のところで止まって、更に下には行きません。

このように、兄弟姉妹の場合、甥、姪の子供には、再代襲によって相続権がありません。

これは、被相続人が昭和56年1月1日以降に亡くなった場合に適用されます。

これに対して、昭和55年12月31日以前に、被相続人が亡くなった場合、再代襲相続によって、被相続人のひ孫と同様に、甥、姪の子供にも相続権があります。

この違いは、この日を境にして民法が改正施行されたからです。

このように考えてくると、登記名義人の亡くなった日が、例えば、昭和55年12月1日の場合、亡くなった当時、子供がいないときは、被相続人の兄弟姉妹の子供や孫も、相続人として考える必要があります。

今日まで、相続登記をしていないとき、兄弟姉妹の孫まで相続人として考えなければならないとしたら、今日においては、兄弟姉妹の子供や孫同士での関係が希薄となっていることが考えられるので、相続財産の分配で、話しがまとまらなくなる可能性は、十分あります。

そういう意味でも、相続が発生したときは、放っておかずに、相続手続きを行った方がよいでしょう。