公正証書で遺言書作成は専門家に依頼すべきか

この記事は約2分で読めます。

公正証書で遺言書作成は専門家に依頼すべきか

公正証書で遺言書を作成する場合、専門家に依頼する必要がありますか。
公証人役場で公証人に遺言書を作成してもらうのが、公正証書遺言書です。
専門家とは、司法書士、弁護士、行政書士です。

基本的な方法は、専門家に依頼することなく、遺言者(遺言する人)が公証人役場に出向いて公証人と打ち合わせをします。
公証人は、遺言者本人の意向を踏まえて、遺言書の原案を作成します。
公証人役場で遺言書を作成する場合、これに立会う証人二人が必要です。

公証人に遺言書の原案を作成してもらって、その後、立会う証人二人と一緒に公証人役場に出向き、正式に、公証人に遺言書を作成してもらいます。
最後に、公証人に手数料を支払います。
公証人に支払う手数料は、現時点での財産の総額や遺言の内容によって異なります。それほど高くはありません。例えば、財産の総額が2,000万円であれば約5万円です。

立会う証人二人は、相続関係にない人を立てなければなりませんので、公証人役場で証人になってもらう人を紹介してもらうこともできます。
この際、証人になる人に手数料(約1万円、二人で約2万円)を支払います。

ということで、基本的には、専門家に依頼することなく、公正証書遺言書を作成することができます。

それでは、専門家に依頼するメリットはなんでしょうか。
専門家に依頼することによって、遺言書の原案作成そのものはもちろんのこと、それに関係する相談、公証人役場との打ち合わせ、立会う証人がいない場合の証人の依頼などができる点です。

遺言の内容そのものが複雑で難しいときは、専門家に依頼するのがよいでしょう。
ただし、専門家に支払う手数料は、依頼する専門家によって異なりますので、事前に確認してから依頼するとよいでしょう。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム