相続放棄したときの生命保険金は

この記事は約2分で読めます。

相続放棄したときの生命保険金は

相続放棄した場合、生命保険金は受け取れるでしょうか。

例えば、亡くなった父親の借金の総額が2億円で、父親が亡くなったことによる生命保険金が2億円の場合、父親の2億円の借金を相続放棄しても、2億円の生命保険金を受け取ることができるでしょうか。
この問題は、生命保険契約の受取人が誰になっているかによって結論が異なります。

生命保険金を受け取って相続放棄ができる場合

(1)保険証券の記載が「保険金受取人 A
(2)保険証券の記載が「保険金受取人 相続人

受取人がA(または相続人)というように、「ある特定の人」が指定されている場合は、ある特定の受取人が生命保険金請求権を取得します。

受取人が指定されているかどうかは、「保険証券」に記載されている内容で確認します。
この場合、保険金が相続財産には含まれませんので、相続放棄した相続人が指定されているときは、生命保険金請求権を取得し、生命保険金を受け取ることができます。
生命保険金を受け取っても相続放棄ができます。

なお、生命保険金を受け取った場合、相続税の関係では「みなし相続財産」となりますので、相続税の対象となります。生命保険金から控除できる(差し引くことのできる)金額は、「500万円×法定相続人の数」です。
法定相続人が3人であれば、1,500万円までの保険金には相続税がかからないことになります。
相続税については、相続税の主な内容を参考にしてください。

生命保険金を受け取って相続放棄ができない場合

次の場合(保険金の受取人が指定されていない場合)、保険金を受け取った場合は、相続放棄ができなくなります。保険金が相続財産の中に含まれることになります。相続放棄をすると生命保険金を受け取ることができなくなります。
(3)保険証券の記載が「保険金受取人 被相続人(亡くなった人の名前)
(4)保険証券の記載が「保険金受取人 空欄

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム