数次相続と1件申請による相続登記(各世代の相続人が二人)

この記事は約2分で読めます。

数次相続と1件申請による相続登記(各世代の相続人が二人)

相続登記事例
被相続人(父)(平成23年8月1日死亡)(第1の相続)→相続人(子)Aと亡B(平成23年10月1日死亡)(第2の相続)
亡Bの相続人(孫)C・Dの場合

「第1の相続」の相続人が不動産を取得する場合

「第1の相続」の相続人のAが相続により取得する場合の遺産分割協議書の記載方法は、次のようになりま

被相続人(父)(昭和10年1月1日生)の平成23年8月1日死亡による相続について、その相続人全員において遺産分割協議をした結果、次のとおり決定した。
なお、相続人のうちBが平成23年10月1日死亡しているため、亡Bの遺産についても相続人のC及びDが協議した。

相続人Aは次の不動産を相続する。
不動産の表示(以下省略)

「第2の相続」の相続人が不動産を取得する場合

事例の場合で、亡Bの相続人Cが、不動産を相続したいときは、一度、亡Bが遺産分割により相続したという協議書を作成し、さらに、亡Bについて相続人Cが相続するという遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書を2枚作成します。

この場合は、亡B名義への相続登記を省略して相続人C名義へ直接、相続登記をすることができます。
上記の例で、この場合の登記原因は次の記載となります。
平成23年8月1日B相続、平成23年10月1日相続。(長野地方法務局松本支局で登記完了)

各世代の相続人が一人の場合は、こちらを参考にしてください。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム