「取り壊す予定の建物」と相続登記

この記事は約2分で読めます。

「取り壊す予定の建物」と相続登記

近い将来「取り壊す予定の建物」でも相続登記(不動産名義変更)をする必要がありますか。

例えば、築50年の建物で、相続登記していない場合、近いうちに建て替えを予定している場合でも、この建物の相続登記をする必要があるのか、という問題です。

登記された建物を取り壊したときは、「建物滅失登記」をします。
建物滅失登記の申請人は、建物の登記名義人です。
この建物が相続登記されていないときは、相続登記をしてから建物滅失登記をするのが原則です。

ですが、建物を取り壊してしまいますので、あえて相続登記をしなくとも、建物滅失登記をすることができます。

この場合、法定相続人の一人から、戸籍謄本などの相続証明書を付けて建物滅失登記をすることができます。
法定相続人全員が申請人となる必要がありませんので、相続証明書も通常の相続登記より少なくて済みます。

ただし、次の場合は、相続登記をした方がいいでしょう。
借地上の建物の場合、相続登記をすることによって地主に対しても、第三者に対しても借地人が確定しますので、相続登記をするべきです。これは、借地の場合、建物の登記(現在の所有者名義)をすることによって第三者に対して借地権を主張することができるからです。
もっとも、借地上の建物を取り壊して建て替えるときは、地主の承諾を得ることが必要です。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム