法定相続か遺産分割か、の選択

この記事は約3分で読めます。

法定相続か遺産分割か、の選択

事例
被相続人が父、法定相続人が母と子一人、被相続人父の遺産が、母が居住している不動産と預貯金1,000万円の場合

相続手続きでは、法定相続の方法と遺産分割の方法になります。
この場合、相続によって遺産を取得する名義人をどうすればよいでしょうか。

この方法は、基本的に、母と子の関係によります。
関係、というのは、母と子の間で、どの程度の信頼関係があるか、ということです。

基本的には、信頼関係が強ければ強いほど、母名義にする、ということになります。
これは、子が母を大切にしていることの表れとなります。
このことは、結局、母の相続人は子だけですので、先に母が相続してください、ということになります。子は、私は後でいいですよ、ということになります。

相続の名義人は、
法定相続では、母が持分2分の1、子が持分2分の1となります。
遺産分割では、母単独の名義、子単独の名義、あるいは、母と子で法定相続分とは異なる持分にする、ということになります。

まず、遺産分割で、子が単独で相続する場合、
相続税のことでは、遺産総額が、3,000万円+600万円×2(法定相続人の数)= 4,200万円の範囲内であれば、相続税はかかりませんので、遺産分割で、子が単独で相続してもかまいません。
子が全部を相続する場合、次の相続で、もう一度、相続手続きをする必要がありません。
いちいち相続手続きをする必要がないので、普通、このように考えます。
単純に考えれば、こういう結論(子が全部を単独で相続)になります。

ですが、

次に、特に、事例のように相続不動産に母が住んでいる場合、母は、父の遺産を相続する気持ちが比較的強いのではないかと思われます。
この場合、法定相続で、母が持分2分の1、子が持分2分の1を相続するのがよいと思われます。

さらに、相続税がかからないのであれば、遺産分割の方法で、母一人の名義にすることも考えられます。
相続の名義人をだれにするかは、今のところ、法定相続人が、母のほかは子だけですので、母の気持ちを優先することも考えられます。
これは、子が母を大切に思っていることの表れとなります。

母が、子一人の名義でよいと、強く望むのであれば、遺産分割で子一人の名義でもよいと思います。

結論として、

  • 無難な方法は、法定相続で、
     母が持分2分の1、子が持分2分の1
  • 母の気持ちを最優先して、尊重する場合は、
     遺産分割で、母一人の名義
  • 母が子一人の名義でよいと、強く望むのであれば、
     遺産分割で、子一人の名義

母と子一人が法定相続人の場合であっても、子は母の気持ちを優先に、尊重して考えたほうが、後々まで母と子の関係はうまくいくと思います。
人は、自分を大切に思ってくれれば、自分を大切にしてくれれば、うれしいものです。
なにか恩返しをしたいと思うものです。

相続財産が多数、多額になる場合は、遺産総額が、3,000万円+600万円×2(法定相続人の数)=4,200万円の基礎控除額を超える場合は、相続税を計算して、将来のことも想定して、相続分、相続する財産を決めることになります。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム