自分で相続登記(不動産名義変更)申請の方法

この記事は約3分で読めます。

相続登記(不動産名義変更)申請の手順

ご自分で相続登記(不動産名義変更)を申請したい、と思われる方は、チャレンジしてみてください。
あくまでも、自己責任でお願いします。
当ウエブサイトサイトを利用することによって損害が生じた場合であっても、当事務所は一切の責任を負いません。
細かい点については、本ウエブサイトの各項目でご確認ください。
相続登記相談事例などを参考にしてください。

分からないことがありましたら、最寄りの登記所で、ご相談ください。登記所での相談は予約制となっております。事前に登記所に連絡し予約してから出向いてください。
最寄りの登記所は、法務局(登記所)の管轄で確認してください。

登記所には、登記相談官がいます。登記相談官は、親切、丁寧に教えてくれると思います。
理想的には、ある程度、登記申請書まで作成して行かれると、登記相談官は楽だと思います。
たまに、近くの司法書士に依頼することを勧める登記相談官もいます。これは、相続関係が複雑で、申請自体が難しいときに言われるでしょう。

相談方法については、相続登記など相続相談方法を参考にしてください。

(1)相続人の確定

相続人が誰になるのか、を検討してください。(参考:法定相続人は誰?
そのうえで、相続登記に必要な書類を取寄せてください。
被相続人の除籍謄本など、相続人の戸籍謄本などを取寄せ、相続人を確定してください。
被相続人の除籍謄本の取得方法は、こちらを参考にしてください。
遺言書があるときは、こちらを参考にしてください。

(2)相続人の相続する割合の決定

相続人がご自分ひとりであれば問題ありませんが、複数いる場合は、誰が、どういう割合で相続するのか、検討、決定してください。(参考:法定相続分

法定相続分による相続登記をするのか、遺産分割(協議)で相続登記をするのか、相続人が複数いる場合は、よく話し合ってください。(参考:遺産分割協議

(3)相続不動産の特定をします。

相続する不動産が複数あるのか、どこにあるのか、1か所の場合であっても登記されている土地が何個(何筆)あるのかを特定します。

不動産を特定することによって、登記完了後、次の登記をする必要があるときは、安心して次の手続ができます。
もし、登記漏れの不動産がある場合は、後日、登記漏れの不動産について改めて登記をしなければならなくなります。

不動産の特定方法は、これを参考にしてください。
相続不動産の特定の方法(土地)
相続不動産の特定方法(マンション)

そのうえで、現在の登記記録の内容を確認します。登記所で登記事項証明書を取得します。
相続登記申請の前に登記事項証明書の確認を参考にしてください。

(4)相続登記申請書、その他書類の作成

相続登記に必要な書類が用意できましたら、
遺産分割協議書を作成する必要のあるときは、これを作成します。遺産分割協議書の書き方を参考にしてください。

相続関係説明図を作成します。相続関係説明図の書き方を参考にしてください。

登記申請書は、相続登記申請書の書き方を参考に作成してみてください。
相続登記申請書、その他書類の作成は、A4コピー用紙で、全部手書きでもOKです。

(5)登記所に書類を提出

相続不動産を管轄している登記所に、相続登記申請書類一式を持って行き、登記相談官にチェックしてもらいます。(事前予約が必要です。) 
 
登記相談官がOKしましたら、登録免許税の金額分の「収入印紙」を印紙売場で購入・貼付して、登記申請受付窓口に提出します。
登記完了予定日に、印鑑を持って登記所に出向き、登記完了書類を受け取ります。
 
登記がなされているか、確認するために「登記事項証明書」を申請・取得します。

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム