相続放棄(家庭裁判所)熟慮期間の伸長

この記事は約3分で読めます。

相続放棄(家庭裁判所)熟慮期間の伸長

家庭裁判所への相続放棄の書類を提出できる期間は、次のとおりです。 

  • 相続開始を知ったときから3か月以内(原則)
  • 自分に相続権があることを知ったときから3か月以内(原則)

普通、被相続人(亡くなった方)の死亡したことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述(申立)をする必要があります。(書類を提出します。)

ところが、被相続人に債務があるようだが、その金額がどのくらいなのかがわからない場合、ほかにも債務があるのではないかと思われる場合、相続放棄がよいのか、限定承認がよいのか、あるいは相続承認(単純承認)でよいのかよくわからない場合があります。

このような場合には、相続放棄するかどうか考える熟慮期間の伸長申立を家庭裁判所にするのがよいでしょう。
この伸長手続をすることにより、さらに3か月伸長し、計6か月間、考える、検討することができます。

ただし、この伸長申立は、念のため、相続開始を知ったときから2か月以内にした方がよいでしょう。
伸長申立の場合は、放棄の申述と異なり、3か月以内に家庭裁判所の審判が下りることが必要だと「ものの本に」記載されているからです。もっとも、相続開始を知ったときから3か月以内に熟慮期間伸長の申立てで問題がなかった場合がありますので、申立先の家庭裁判所に確認した方がよいでしょう。

これも参考にしてみてください。→ 被相続人のマイナスの財産があるときの相続方法(相続相談)

最大6か月の熟慮期間となった場合、相続放棄の申述(裁判所への書類の提出)は、その期間満了日までにすればよいことになっています。これは、3か月の場合も同様です。

相続の承認又は放棄の期間の伸長の手続を家庭裁判所にします。
手続きの方法は、家庭裁判所の次のサイトを参考にしてください。
必要書類などは、相続の承認又は放棄の期間の伸長
書式は、相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立書

第1順位の相続人全員が相続放棄したときは

相続放棄の場合、第1順位の相続人全員が放棄(家庭裁判所での放棄)した場合、このことによって相続が終了するのではなく、相続の権利義務は、第2順位以降の相続人が引き継ぐことになります。

例えば、被相続人の第1順位の子供全員が相続放棄した場合、被相続人の第2順位の親(父母)が相続権を取得し、放棄した場合は、第3順位の兄弟姉妹が相続人となります。

相続放棄の方法は、家庭裁判所の次のサイトを参考にしてください。
必要書類などは、相続の放棄の申述
書式は、相続の放棄の申述書

なお、当事務所の次のサイトを参考にしてください。
相続放棄の申述

限定承認の申述(申立)

家庭裁判所への限定承認の申述(申立書類の提出)期間も、放棄の場合と同じです。
限定承認の申述は、当事務所では、1年間に1件ほど手続を行っておりますので、まったく考える余地がないとは言えません。限定承認を考えてもよい場合もあります。

限定承認の方法は、家庭裁判所の次のサイトを参考にしてください。
必要書類などは、相続の限定承認の申述
書式は、相続の限定承認の申述書

なお、当事務所の次のサイトを参考にしてください。
相続の限定承認の申述
なお、限定承認の場合は、官報に記載する手続も必要となります。(約5万円)

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム