相続登記相談事例など

相続登記(不動産名義変更)相談事例

相続登記

相続登記とは(意味): 申請人・必要書類・税金
相続登記など相続相談方法
相続登記の方法
法定相続分での相続登記の方法
遺産分割協議書での相続登記の方法
遺言書での相続登記の方法
法務局から「長期間相続登記等がされていないことの通知(お知らせ)」が届いた場合の相続登記の方法

相続登記と司法書士

相続登記・遺産相続手続と「かかりつけ司法書士」
相続登記(不動産名義変更)は司法書士
相続登記と司法書士を選ぶポイント
相続登記の司法書士報酬を原則定額にする理由

相続登記と不動産の特定

相続不動産の特定の方法(土地)
相続不動産の特定方法(マンション)
相続登記をした後、登記漏れの不動産を発見したときの登記の方法
意外と重要な「相続登記申請前の不動産の確認」と「相続登記完了後の登記内容の確認」方法

相続登記と必要書類

被相続人の除籍謄本の取得方法
「法定相続情報一覧図の写し」の証明書(取得方法)
被相続人の最後の住所証明書を取得する理由
特別受益証明書(相続分がないことの証明書)とは
行方不明の100歳以上の人の相続登記
相続登記と委任状
相続登記と各種相続証明書の取得方法
相続登記に必要な相続証明書の有効期限がない理由
相続登記の申請に必要な書類の有効期限
相続登記申請の登記原因証明情報とは

相続登記と相続人

養子の相続
養子は自分だけだと思っていたが、ほかにも養子がいることを知らなかった時の相続登記の方法
相続登記と成年後見人
認知症の相続人に代わって遺産分割に参加
相続回復請求権
共有者の1人が相続人不存在
相続人が兄弟姉妹(甥姪の子)の相続

相続登記と相続分

相続における遺留分と遺言の関係
相続における寄与分・特別寄与料
相続分譲渡
安易に考えてはいけない相続分譲渡
非嫡出子の法定相続分(民法改正)
特別受益者の相続分

相続登記と遺産分割(協議・調停)

法定相続登記をした後の遺産分割による登記
法定相続登記後に遺産分割協議(調停)が成立した時の登記の方法
相続財産の遺産分割協議書の作成方法
代償分割による相続登記
遺産分割協議の成立後に相続人が死亡した場合
相続登記と成年後見人
数次相続の遺産分割協議書・相続関係説明図の作成方法と登記の方法
相続登記と家庭裁判所の遺産分割調停調書
遺産分割協議書作成と債務の相続
遺産分割協議書のハンコ代(相続相談)
代襲相続の遺産分割協議をする相続人
「何も相続しない旨の遺産分割協議書」や「相続放棄書」は使えるのか
遺産分割協議書作成と「不動産の表示」記載方法
遺産分割決定書と数次相続
法定相続か遺産分割かの選択(相続の仕方)
20年以上前の「法定相続登記」を遺産分割で移転登記
不動産売却のための換価分割と代償分割
相続分譲渡と遺産分割調停調書(相続登記相談)
遺産分割協議の進め方:相続人の中に頑として全部相続したい人がいるとき
相続債務と未成年者特別代理人
配偶者居住権を選択した方がよい事例
20年前に作成の遺産分割協議書と自筆証書遺言書による相続登記の方法
相続人の中に未成年者がいるときの相続登記の方法

相続登記と遺言書

相続登記と遺言書
遺贈の登記(遺言書がある場合の遺贈の登記)
遺留分侵害額請求権(遺言書で相続手続をする場合)
遺言書で相続手続きをする場合:遺留分の放棄(被相続人の死亡前)
相続と遺贈を同一不動産で登記する方法(順番)
相続登記と自筆証書遺言書
遺贈の放棄
相続登記と内縁の妻に遺贈
「遺言書が一部無効なとき」の相続登記の方法
公正証書遺言書による相続登記(代襲相続人が姪)と預貯金相続手続の方法
遺言書に条件が付加されていた時の相続登記の方法
公正証書遺言書で相続登記と遺贈登記を同時に申請する方法

相続登記と数次相続(相続が連続して開始)

数次相続登記の方法(基本)
数次相続の登記の方法(遺産分割と法定相続)
数次相続と1件申請による相続登記の方法
数次相続と相続放棄(限定承認)
数次相続と遺産分割調停書記載事項
数次相続登記(遺産分割協議が2回必要な場合)
数次相続と相続登記の方法

相続登記申請

相続登記で申請人とならなかったときの登記識別情報通知(権利証)は
相続登記の「登記の目的」・「(登記の)原因」・「申請人」
債権者代位による相続登記
相続登記と登記所の管轄を異にする不動産の申請方法
相続登記の申請は自分でできる、とは言っても(距離的問題)
相続登記と更正登記
共有名義の相続登記の方法(共有者2名が被相続人の場合)
共同相続人1人からの相続登記の方法(法定相続分で遺言書で)
相続登記と登録免許税の非課税
被相続人名義の所有権が持分で登記されているときの相続登記の方法
配偶者居住権の登記の方法

相続登記申請と相続人

相続登記に応じない他の法定相続人への説明

マンションの相続登記

マンションの相続登記
相続登記費用とマンションの土地の数
相続登記申請書の書き方:保土ケ谷グリーンタウンC棟

建物の相続登記

未登記(登記されていない)建物の相続登記
「取り壊す予定の建物」と相続登記
借地権付未登記建物の相続
建物の相続登記
未登記建物と相続登記(基本説明:未登記建物とは)
借地と相続登記(相続相談)

相続登記と土地の分割(分筆登記)

相続した土地を分割したいとき(方法)
相続登記の場合の代位による分筆登記

外国人の相続登記

相続登記と相続人が外国人(台湾の方)
被相続人が台湾の方の相続登記(戸籍証明書がない場合)
被相続人が外国人(ニュージーランド人):遺言書で相続登記の方法
被相続人が外国人(アメリカ人):遺言書で相続登記の方法

相続登記と不動産売買

相続登記と不動産売買契約
被相続人名義の不動産を売却するときの譲渡所得税(基本説明)
被相続人名義の不動産売却の譲渡所得税(特例3000万円控除)
被相続人名義の不動産売却の名義変更(換価分割と遺産分割協議書)
生前売買による登記(相続登記は必要か?)

相続登記と抵当権抹消

相続登記と抵当権抹消登記

相続登記と共有物分割

相続登記と共有物分割:名義人が被相続人と相続人の場合

相続登記と権利証

相続登記の完了後に発行される登記識別情報とは、どういうものですか。
相続登記後に分筆登記をしたときの権利証は
相続登記後の合筆登記で権利証

相続手続(預貯金)

相続手続(名義変更・預貯金・相続税申告)の順番(パターン別)
預金・貯金(預貯金)の相続手続の依頼(料金)
預貯金の相続手続の方法
預貯金の相続手続は実際誰がしますか
相続登記と預貯金相続手続の費用(報酬)は、いくらが適正価格なのか?

債務の相続

遺産分割協議書作成と債務の相続
生命保険金で相続債務の返済
債務(ローン)の相続
未成年者の相続登記と抵当権の債務者変更登記
被相続人のマイナスの財産があるときの相続方法(相談事例)

相続放棄

相続放棄の意味
相続放棄したときの生命保険金は
相続放棄・限定承認(家庭裁判所)の熟慮期間の伸長
相続放棄と相続財産管理人
相続放棄により次の相続権は誰に(誰が相続人となるのか)?
被相続人の兄弟姉妹が相続放棄をする方法
相続放棄と刑務所に収監中の人
相続しない手続の方法は?(相続放棄か遺産分割協議か)
被相続人の兄弟姉妹の相続放棄
相続放棄の申立てと法定相続による登記の方法

相続の限定承認

限定承認の基本
第1順位の相続人で相続債務を止める限定承認
相続放棄・限定承認の相談事例(必要書類・スケジュール)

遺言書の作成

遺言書を作成した方がよい事例
相続手続(登記)が確実にできるためには、どんな遺言方式がいいか
相続人に不動産を取得させたいときの遺言書の文言は「相続」
子供のいない夫婦でお互いに遺言書を作成する場合
死因贈与と遺贈の違い(参考)
外国に居住する日本人の遺言書作成方法(遺産は日本)
相続登記をスムーズに行うための「台湾籍の方の公正証書遺言書作成」
相続登記のための遺言書作成【事前準備・事例】

相続登記と相続相談

推定相続人の廃除(勘当との違い)
行方不明者が唯一の推定相続人の場合(相続相談)
公正証書遺言による相続手続きを自分一人でできますか
相続人に判断能力がない場合の相続登記の方法(成年後見相談)
「生前贈与を受けた相続人」から「法定相続分に相当する金銭」の請求があった場合の対応(文書送付)
相続登記と時効取得
債権者代位で相続登記後の遺産分割登記と錯誤で更正登記
相続登記の相続と遺贈の違い(相続相談)
相続登記、預貯金の相続手続と相続税申告の順番
生前贈与と相続対策
相続時精算課税制度(親子間贈与)と実際の問題点(相続対策)
居住用不動産の夫婦間贈与と成年後見
死因贈与による登記(仮登記と本登記
敷地内に他人名義の土地(1㎡)を発見した場合の登記の方法
相続登記と借地権の相続(方法)
相続登記をするとき地目変更または農業委員会への届出が必要ですか
共有者の相続登記と行方が分からない人の登記の方法

タイトルとURLをコピーしました