相続登記相談事例など

相続登記(不動産名義変更)相談事例

相続登記

相続登記とは(意味): 申請人・必要書類・税金
相続登記など相続相談方法
相続登記の方法
法定相続分での相続登記の方法
遺産分割協議書での相続登記の方法
遺言書での相続登記の方法
法務局から「長期間相続登記等がされていないことの通知(お知らせ)」が届いた場合の相続登記の方法
相続登記の「錯誤による所有権更正登記」の方法
相続登記した所有権更正の方法(共有の名義人を間違い、共有持分を間違った場合
相続登記した不動産を錯誤で所有権抹消登記と相続登記する方法
【相続登記の難易度】相続登記を自分ですることは可能でしょうか。
相続登記の方法:法定相続人が子1名の相続登記
死者名義の相続登記(不動産名義変更):死者名義の相続登記ができるのか?
相続登記の義務化と相続人申告制度:令和6年4月1日から
相続登記義務化と行方不明の相続人がいる場合の対応方法:相続登記相談
「日本国内における連絡先となる人」の登記の方法(令和6年4月1日施行)

相続登記と司法書士

相続登記・遺産相続手続と「かかりつけ司法書士」
相続登記(不動産名義変更)の司法書士の選び方
相続登記と司法書士を選ぶポイント
相続登記の司法書士報酬を原則定額にする理由
相続相談・相続手続(相続登記)の専門家(弁護士・司法書士・行政書士・税理士)は、誰がよいのか?
「相続に関すること」について、弁護士に依頼する?依頼しない?弁護士の「報酬」はいくらなのか?

相続登記と不動産の特定

相続不動産の特定の方法(土地)
相続不動産の特定方法(マンション)
相続登記をした後、登記漏れの不動産を発見したときの登記の方法
意外と重要な「相続登記申請前の不動産の確認」と「相続登記完了後の登記内容の確認」方法
相続登記(不動産名義変更)で不動産の特定と内容を確認する方法

相続登記と必要書類

「戸籍証明書等の広域交付」を利用して、「被相続人の出生から死亡までの」戸籍関係書類の取得方法(令和6年3月1日から)
被相続人の除籍謄本の取得方法
「法定相続情報一覧図の写し」の証明書(取得方法)
被相続人の最後の住所証明書を取得する理由
特別受益証明書(相続分がないことの証明書)とは
行方不明の100歳以上の人の相続登記
相続登記と委任状
相続登記と各種相続証明書の取得方法
相続登記に必要な相続証明書の有効期限がない理由
相続登記の申請に必要な書類の有効期限
相続登記申請の登記原因証明情報とは
相続登記をするときに印鑑証明書が必要となる場合とならない場合
相続登記の「登記原因証明情報」:相続登記のケースごとの具体的な書類
相続登記で「被相続人の出生から死亡までの戸籍除籍謄本」が必要な場合と必要としない場合
相続登記で有効期限が必要な書類と不要な書類は

相続登記と相続人

養子の相続
養子は自分だけだと思っていたが、ほかにも養子がいることを知らなかった時の相続登記の方法
相続登記と成年後見人
認知症の相続人に代わって遺産分割に参加
相続回復請求権
共有者の1人が相続人不存在
「相続人不存在による相続財産」の登記の方法
相続人が兄弟姉妹(甥姪の子)の相続
被相続人の兄弟姉妹が相続人となるときは、甥姪が相続人となる場合がある(代襲相続)
数次の家督相続と遺産分割協議書による相続登記の方法
相続登記の際に共有者相続人の住所変更登記も一緒に行う。
疎遠な・面識のない・知らない相続人への相続登記等の協力要請文書(手紙文例)

相続登記と相続分

相続における遺留分と遺言の関係
相続における寄与分・特別寄与料
相続分譲渡
安易に考えてはいけない相続分譲渡
法定相続登記後の相続分譲渡による登記の方法
相続放棄申述(申立)ができないときの相続分譲渡
非嫡出子の法定相続分(民法改正)
特別受益者の相続分
兄弟姉妹が相続人となる場合の法定相続分の全血半血とは
相続開始から10年を過ぎた遺産分割の特別受益(生前贈与など)と寄与分(療養看護など)の取り扱い(令和5年4月1日から)

相続登記と遺産分割(協議・調停)

法定相続登記をした後の遺産分割による登記
法定相続登記後に遺産分割協議(調停)が成立した時の登記の方法
相続財産の遺産分割協議書の作成方法
代償分割による相続登記
遺産分割協議の成立後に相続人が死亡した場合
相続登記と成年後見人
数次相続の遺産分割協議書・相続関係説明図の作成方法と登記の方法
相続登記と家庭裁判所の遺産分割調停調書
遺産分割協議書作成と債務の相続
遺産分割協議書のハンコ代(相続相談)
代襲相続の遺産分割協議をする相続人
「何も相続しない旨の遺産分割協議書」や「相続放棄書」は使えるのか
遺産分割協議書作成と「不動産の表示」記載方法
遺産分割決定書と数次相続
法定相続か遺産分割かの選択(相続の仕方)
20年以上前の「法定相続登記」を遺産分割で移転登記
不動産売却のための換価分割と代償分割
相続分譲渡と遺産分割調停調書(相続登記相談)
遺産分割協議の進め方:相続人の中に頑として全部相続したい人がいるとき
相続債務と未成年者特別代理人
配偶者居住権を選択した方がよい事例
20年前に作成の遺産分割協議書と自筆証書遺言書による相続登記の方法
相続人の中に未成年者がいるときの相続登記の方法
法定相続分で登記をした後に、遺産分割協議が成立した時の持分移転登記の方法
被相続人父と被相続人母の相続登記の方法
相続放棄の申立てと遺産分割協議書による相続登記の方法
相続登記のための遺産分割調停申立方法と問題点
遺産分割審判による換価分割のための差押(競売開始決定)
遺産分割調停中に申し出された換価分割
過去に作成された古い遺産分割協議書で相続登記ができるのか(相続登記相談)
過去に作成された遺産分割協議書で被相続人(登記名義人)父・母の相続登記の方法(事例)
居住用相続不動産を売却する場合、代償分割か換価分割かの選択(相続登記)と売却方法
遺産分割調停をする前に、できるだけ遺産分割協議で解決できることを検討(私見)
抵当権抹消登記と相続登記の未登記:相続登記相談
過去に作成した遺産分割協議書で相続登記、相続人の住所と押印した実印が異なる時の方法
遺産分割協議が整わない場合の遺産分割調停
自分でもできそうな遺産分割協議書による不動産相続登記、預貯金相続の手順、費用の具体例(相続登記相談)
法定相続分で相続登記をした後に遺産分割協議が成立した時の名義変更登記の方法
数次相続(父死亡後母死亡)で「遺産分割協議での相続登記」
相続開始から10年を過ぎた遺産分割の特別受益(生前贈与など)と寄与分(療養看護など)の取り扱い(令和5年4月1日から)

相続登記と遺言書

相続登記と遺言書
公正証書遺言書で相続登記(法務局2か所):相続登記相談
遺贈の登記(遺言書がある場合の遺贈の登記)
公正証書遺言書による遺贈登記:必要書類、申請方法、費用
遺留分侵害額請求権(遺言書で相続手続をする場合)
遺留分減殺請求権(遺言書で相続手続をする場合):2019年6月30日までに開始した相続に適用
遺留分減殺による所有権移転登記を判決書で登記する方法
遺言書で相続手続きをする場合:遺留分の放棄(被相続人の死亡前)
相続と遺贈を同一不動産で登記する方法(順番)
相続登記と自筆証書遺言書
遺贈の放棄
相続登記と内縁の妻に遺贈
「遺言書が一部無効なとき」の相続登記の方法
公正証書遺言書による相続登記(代襲相続人が姪)と預貯金相続手続の方法
遺言書に条件が付加されていた時の相続登記の方法
公正証書遺言書で相続登記と遺贈登記を同時に申請する方法
被相続人に前妻の子がいる場合の自筆証書遺言書による相続登記の方法
相続登記のための公正証書遺言書作成と配偶者居住権
「遺贈の放棄の方法」と法定相続(代襲相続)による相続登記の方法
相続登記と預貯金など相続手続で、遺言執行者選任が必要な場合と申立方法
法定相続人一人に相続させるという遺言書で相続登記と認知の遺言書
遺言書に書かれた「不動産の表示」が不完全な場合の相続登記の方法

相続登記と数次相続(相続が連続して開始)

数次相続登記の方法(基本)
数次相続の登記の方法(遺産分割と法定相続)
数次相続と1件申請による相続登記の方法
数次相続と相続放棄(限定承認)
数次相続と遺産分割調停書記載事項
数次相続登記(遺産分割協議が2回必要な場合)
数次相続と相続登記の方法
数次相続(被相続人父→弟→母の順番で死亡、相続開始)登記の方法:相続登記相談
数次相続と「法定相続情報一覧図の写しの証明書(法定相続情報証明)」の取得方法
知らない疎遠な相続人が多数のため複雑かつ困難な数次相続登記の方法は?費用は?:相続登記相談
被相続人祖父(疎遠な・面識のない・知らない相続人がいる)・父名義の数次相続登記(相続登記相談)

相続登記申請

相続登記で申請人とならなかったときの登記識別情報通知(権利証)は
相続登記の「登記の目的」・「(登記の)原因」・「申請人」
債権者代位による相続登記
相続登記と登記所の管轄を異にする不動産の申請方法
相続登記の申請は自分でできる、とは言っても(距離的問題)
相続登記と更正登記
遺産分割協議書による相続登記をした後、錯誤による所有権更正登記(共有名義を単独名義に)をする方法
共有名義の相続登記の方法(共有者2名が被相続人の場合)
共同相続人1人からの相続登記の方法(法定相続分で遺言書で)
相続登記と登録免許税の非課税
被相続人名義の所有権が持分で登記されているときの相続登記の方法
配偶者居住権の登記の方法
相続登記申請書:「不動産の表示」の書き方