相続登記申請の前に登記事項証明書の確認を

この記事は約2分で読めます。

相続登記申請の前に登記事項証明書の確認を

相続登記(不動産名義変更)を申請するときに限らず、登記の申請では、必ず事前に登記事項証明書(登記簿謄本)または登記記録情報で登記されている内容を確認する必要があります。

登記事項の内容確認は、相続登記の場合、不動産の表題部、所有権に関する事項(甲区欄)のほかに所有権以外の権利に関する事項(乙区欄)を確認します。

相続登記の申請は、特に不動産の表題部や所有権に関する事項を確認した上でしないと、登記されている内容と実際の登記申請書の記載内容と相違するときは、登記申請書を一旦取り下げ、もう一度申請し直さなければならない場合があるからです。

もう一度、申請し直さなければならない場合は、登記完了までの期間や登録免許税の再使用など手間が余計にかかることになります。

特に、所有権に関する事項のうち、所有者の住所や名前が、たまに誤って登記されている場合があります。
所有者の住所や名前が誤って登記されている場合、相続登記の場合は、登記された事項を訂正する必要はありませんが、これを正しい住所、名前と一致させるための書類を別途、添付しなければなりません。

売買による登記、担保の設定登記では、この登記を申請する前に、登記された事項を訂正する登記が必要になります。
訂正の登記をしないで、売買による登記、担保の設定登記を申請しますと、登記事項と登記申請書の記載事項が一致しないという理由で、登記所から却下されます。

後々のことを考えますと、登記申請前には、登記事項証明書または登記記録情報を取得して内容を確認することをお勧めします。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム