何も相続しない旨の遺産分割協議書は

この記事は約3分で読めます。

何も相続しない旨の遺産分割協議書は

  1. 遺産分割協議書を作成する場合の基本は、1枚の遺産分割協議書に法定相続人全員が署名、押印します。
  2. 遠方の相続人がいるような場合は、同じ内容の遺産分割協議書を作成し、各相続人が別々に署名、押印することもできます。その日付が異なっても構いません。
  3. 通常の遺産分割協議書ではなく、遺産分割協議を行った結果の内容を記載した書面(遺産分割協議証明書)でも同様に、各相続人が別々に署名、押印することもできます。

ところで、次のような内容の遺産分割協議書は、どうでしょうか。
「私は、遺産分割について何も相続しないことに同意します。」
この内容の書面に、相続人が署名、押印します。
何も相続しないので、遺産の内容が記載されていません。

実際、仕事で、このような内容の遺産分割協議書を作成、使用したことはありません。

上記1・2・3の遺産分割協議書を作成、使用するのが、通常です。
上記1・2・3の遺産分割協議書の内容では、「相続人の誰が何を相続取得する。」と記載します。
ですから、遺産の明細が記載されます。
極稀に、「相続人の誰がすべての遺産を相続取得する。」という遺産分割協議書を見かけますが、この内容でも問題ありません。実際、この内容で登記した経験があります。

いずれにしましても、遺産を分割するということは、遺産についてどのように分けるかを話し合うことになりますので、相続人の間での協議、話し合いが必要ということになります。

「誰が何を相続取得する。」かが記載されていない遺産分割協議書を見たことがありませんでした。
たまたま、何も相続しない旨の遺産分割協議書を一般の方が作成したのを見たことがあります。
この方は、どこで、このような内容の遺産分割協議書でよいと、見たか、あるいは、教えてもらったのでしょうか。このような内容は、一方的な内容であって、協議、話し合いで決めたとは思えません。

遺産分割協議は、誰が何を相続するという内容について、法定相続人全員の合意で成立するものです。

例えば、相続人三人のうちの一人がすべての遺産を相続取得するという内容の遺産分割協議書に三人が署名、実印を押印すれば、実質、ほかの二人は、「何も相続しない」のと同じことになります。

相続人の一人が一方的に、私は、遺産分割について何も相続しない、というのは、そもそも遺産分割協議とはいえないと思います。
これは、一般的に言われる相続放棄となってしまいます。

相続放棄の場合は、法律上、相続開始から3ヶ月以内(原則)に、家庭裁判所に対して申し立て、受理されることによって成立するものです。
ですから、一方的に、私は、遺産分割について何も相続しない、ということは、一般的に言われる相続放棄と同じで、法律上の相続放棄と異なるので、法律的には成立しないと思います。

このような、私は、遺産分割について何も相続しない、という内容の書面で、不動産の名義変更登記ができるでしょうか。登記所は、これを受け付けるでしょうか。
この内容では、登記できないと思います。過去に行ったことはありません。

例えば、遺産分割協議書の内容として、「私は、相続人の誰がすべての遺産を取得することに同意する。私は、遺産分割について何も相続しません。」という内容であれば、登記できる可能性はあります。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム