相続放棄の意味

この記事は約2分で読めます。

相続放棄の意味

一般的に、相続人の間で遺産分割協議を行うとき、「私は相続放棄します。」という場合があります。これはこれで、亡くなった方(被相続人)の遺産について、相続しない、ということを意味します。

ですが、この場合、相続放棄した人の相続放棄証明書というのは作成しません。
これは、あくまでも、遺産分割協議書の中で、積極財産、消極財産を誰が相続するか、という記載になります。あるいは、相続しない相続人に、相続しない代わりに、いくら支払うか、この場合、代償金としていくら支払うか、という記載になります。

被相続人の遺産に債務がある場合

いわゆる「私は相続放棄します。」という場合、遺産の中に債務がある場合、債権者には通用しません。相続放棄する相続人が、被相続人の債務を免れるためには、債権者の同意が必要になります。

債権者に通用するには、相続開始から原則3か月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申述をしなければなりません。これによって債権者の同意なく、債務を免れることができます。

一般的に言われる相続放棄と家庭裁判所に対する相続放棄との違いに注意する必要があります。

「相続人同士での相続放棄」と「家庭裁判所での相続放棄」の違い

「相続人同士での相続放棄」の場合、遺産分割協議では、相続人全員が参加して協議します。「相続人同士での相続放棄」をする人でも遺産分割協議に参加します。
これに対して、「家庭裁判所での相続放棄」をした相続人は、相続人から外れますので、遺産分割協議そのものに参加して協議することができません。

ご相談などで来られる方の中には、過去の被相続人の遺産について『私は相続放棄しました。』という人がいます。司法書士など専門家は、『私は相続放棄しました。』と言われますと、「家庭裁判所で相続放棄」したものと解釈します。ですが、よくよく話しを聞くうちに「家庭裁判所で相続放棄」したのではなく、相続人同士の話し合いで「相続放棄しました。」ということがよくあります。
こういう場合は、『私は何も相続しませんでした。』というのが正確な話し方といえます。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム