相続放棄により次の相続権は

この記事は約2分で読めます。

相続放棄により次の相続権は

相続相談事例
父が亡くなり(第1の相続)、その遺産相続で、相続人の子のうちの1人が相続放棄(家庭裁判所での)をした後、母と他の子が遺産分割により母一人に相続させた場合、母の相続(第2の相続)では、相続放棄した子に相続権がありますか。

結論は、母の相続(第2の相続)では、相続放棄した子に相続権があります。
父の相続で、母を除く子らが全員、相続放棄(家庭裁判所での手続)した場合であっても、母死亡時において、母の遺産相続で子らに相続権があります。

相続放棄は、あくまでも特定の被相続人についてのことですので、相続放棄が別の被相続人に及ぶことはありません。

上記の場合、母は父の配偶者であるので、相続の順位に関係なく相続権があります。
子らが全員、相続放棄をしますと、子らは第一順位の相続人ですので、第一順位の相続人全員が相続放棄をしますと、第二順位の相続人に相続権があります。

この場合、第二順位の相続人は、父の父・母です。すなわち、子らから見れば、祖父母が第二順位の相続人となります。
すでに、父の前に、祖父母が死亡していれば、第三順位の相続人として父の兄弟姉妹に相続権があります。

このように、子らが全員、相続放棄をしてしまいますと、相続権が別の人になってしまいますので、このようなときには、相続放棄は慎重に考えた方がよいでしょう。

この場合、子らのうち一人を除いて相続放棄をし、この子と母で遺産分割協議をし、母一人に相続させれば、第二順位以降の人に相続権が移ることはなくなります。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム