養子の相続

養子の相続

養子とは、通常の場合、「養子縁組」の届出を市区町村役場にすることによって、養親と法律上の親子関係になることをいいます。これを「普通養子縁組」といいます。
これにより養子は実子と同じ嫡出子の身分を取得します。養親が死亡した場合、養親の法定相続人となります。

相続について、「通常の養子(特別養子ではない養子)」は、養親の相続人となることもでき、実の親の相続人となることもできます。

これに対し、「特別養子」は、実の親との関係は、法律上、完全に切れます(実方の血族との親族関係が終了する縁組)ので、相続については、実の親の相続人となることができません。
「特別養子縁組」は、養親が25歳以上、養子が原則15歳未満であることが必要です。
特別養子縁組は、家庭裁判所に特別養子縁組の申立てをし、その審判によって成立します。(令和2年4月1日施行改正民法
養子の相続税については、実子と同様に扱われる人数に制限があります。
以下、「通常の養子(普通養子・特別養子ではない養子)」について説明します。

養親が被相続人の場合

養子縁組前に「養子」に子がいた場合

養子縁組前の「養子」に子がいた場合、養親の相続(養親が被相続人)で、「養子の子」は相続人となりますか。 この場合、次の「養子」の死亡時期によって異なります。
養子縁組前に「養子の子」がいた場合とは、養子縁組をするときに、養子となる人にはすでに子がいた場合です。

「養子」が養親の死亡前に死亡していた場合(「養子の子」が代襲相続人となるのか)

養子縁組前の「養子」に子がいた場合、養親の相続(養親が被相続人)で、「養子」が養親の死亡前に死亡していた場合、「養子の子」は相続人(代襲相続人)となりますか。

通常の親子関係の場合で実子に子がいる場合、実子が実親の死亡前に死亡している場合は、孫が代襲相続人として相続人となります。
しかし、養子の場合、養子縁組前に「養子の子」がいた場合、養子が養親の死亡前に死亡している場合は、「養子の子」が代襲相続人として相続人とはなりません。

この理由は、次のとおりです。
養親子関係は、養子縁組をすることによって、養子と養親が法律上の親子関係となります。
養子縁組前に「養子の子」がいた場合とは、養子縁組をするときに、養子となる人にはすでに子(養子縁組前の子)がいた場合です。
この場合、養子縁組をしたのは、養子と養親であって、「養子縁組前の子」は養親と養子縁組をしていないため、「養子縁組前の子」と養親とは法律上の親子関係がないということになります。
したがって、養子縁組前に「養子の子」がいた場合、養子が養親の死亡前に死亡している場合は、「養子の子」が代襲相続人として相続人とはならないことになります。

なお、「養子の子」も一緒に養子縁組をしている場合、「養子の子」も相続人となります。この場合、「養子の子」は代襲相続人としてではなく、養親の直接の「相続人」としてということになります。
この場合は、「養子の子」も「養子」と同じように「養親の子」としての相続人となります。

「養子」が養親の死亡後に死亡した場合(数次相続の場合、「養子」の子が相続人となるのか)

養子縁組前の「養子」に子がいる場合、養親の相続(養親が被相続人)で、「養子」が養親の死亡後に死亡した場合、数次相続(相続が連続して段階的に開始)として「養子の子」は相続人となりますか。
数次相続の場合、「養子」が養親の死亡後に死亡した場合、「養子の子」は相続人となります。

この理由は、次のとおりです。
前述のとおり、養親子関係は、養子縁組をすることによって、養子と養親が法律上の親子関係となります。養子縁組前に「養子の子」がいた場合とは、養子縁組をするときに、養子となる人にはすでに子(養子縁組前の子)がいた場合です。
この場合、養子縁組をしたのは、養子と養親であって、「養子の子」は養親と養子縁組をしていないため、「養子の子」と養親とは法律上の親子関係にないということになります。

ところが、 「養子」が養親の死亡後に死亡した場合、養子に「養子縁組前の子」がいた場合は、「養子縁組前の子」は「養子」とは実親子関係にあるので、「被相続人養子」の相続権があります。
これは、数次相続(相続が連続して段階的に開始)として、まず、「養子」が養親の遺産を相続します。「養子」は養親の次に死亡したので、次に、養親の遺産を相続した「養子の遺産」を「養子縁組前の子」が相続します。
このように、数次相続の場合、「養子」が養親の死亡後に死亡した場合、「養子の子」は被相続人の養親の数次相続としての相続人となります。相続権があるということになります。

養子縁組後に「養子」の子が生まれた場合

養子縁組後に「養子」に子が生まれた場合、養親の相続(養親が被相続人)で、「養子の子」は相続人となりますか。

養子縁組後に養子に子が生まれた場合、「養子の子」は、養親との関係では、養親の孫と同じ扱いとなります。前述した「養子縁組前の養子の子」とは異なり、「実子の子(孫)」と同様に代襲相続人となることができます。数次相続の場合も相続人となります。

「養子」が死亡した場合、「通常の養子(特別養子ではない養子)」の「実の親の兄弟姉妹」が「養子の養親」の相続人となるのか

養親が被相続人の場合

「養子」が死亡した場合、「通常の養子(特別養子ではない養子)」の「実の親の兄弟姉妹」が「養親」の相続人となりますか。
例えば、養親の相続で、すでに養子が死亡していた場合(養親の死亡前に養子が死亡)、養子に子がなく、実親の父母(祖父母)もすでに死亡していた場合です。
通常、実子の場合、子がなく、父母(祖父母)がすでに死亡している場合、子の兄弟姉妹が第3順位の相続人となります。
通常の養子(特別養子ではない)は、実親との関係では相続権がありますので、「養子」が養親の前に死亡している場合、「実の親の兄弟姉妹」が相続人となりそうな感じもしますが、「実の親の兄弟姉妹」は養親とは法律上の親子関係ではないので、養子の「実の親の兄弟姉妹」には、養親の相続権がありません。

相続関係図(養子の相続:兄弟姉妹が相続人とならない)

数次相続の場合、例えば、養親の死亡後に養子が死亡した場合、養子に子がなく、実親の父母もすでに死亡している場合、「実の親の兄弟姉妹」にも相続権があることになります。 死亡した養子に配偶者がいれば、この配偶者も相続人です。

相続関係図(養子の相続:兄弟姉妹が相続人となる)

数次相続の場合、本来、相続関係にない人も相続権を取得することになりますので、養親の相続では、早めに解決して相続手続をするのがよいでしょう。

養子が被相続人の場合

養子(被相続人)が死亡した場合の相続で、養子に子がなく、実親も養親もすでに死亡していた場合です。
養子の場合、子がなく、養親がすでに死亡している場合、養子の「養親の兄弟姉妹」が第3順位の相続人となります。また、養子の「実親の兄弟姉妹」も第3順位の相続人となります。
養子に配偶者がいれば、この配偶者も相続人です。

相続関係図(養子が被相続人)

このように、被相続人が養子の場合(子がいない)、養親の兄弟姉妹と実親の兄弟姉妹が相続人となります。
養子に子がなく、配偶者がいる場合、この養子が遺言書を作成して、「すべての遺産を配偶者に相続させる。」とすれば、配偶者が遺産すべてを相続することができます。両方の兄弟姉妹は相続できなくなります。兄弟姉妹に遺留分がありませんので。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム

タイトルとURLをコピーしました