相続登記と数次相続の必要書類

この記事は約3分で読めます。

相続登記と数次相続の必要書類

相続登記事例:次の事例の場合、登記名義人である被相続人父についての名義変更登記をします。

  • 登記上の名義人    被相続人父
  • 被相続人の人数    2名(被相続人「父」の死亡後、「母」が死亡)数次相続となる
               相続が連続して開始
  • 不動産の名義人    被相続人所有権全部
  • 法定相続人の人数   3名(子)
  • 相続登記の方法    遺産分割で相続登記(遺産分割協議書の作成)
  • 取得する相続人    相続人A1名、登記申請件数1件
  • 管轄する登記所    横浜地方法務局厚木支局(平成24年6月1日現在)

被相続人についての戸籍の証明書(除籍謄本など)

登記名義人の被相続人父について、戸籍の証明書(除籍謄本など)は、出生時から死亡時までの戸籍関係証明書(除籍謄本、改製原戸籍謄本)を集める必要があります。

この出生時から死亡時までの戸籍関係証明書をすべて用意する理由は、法定相続分での登記申請の当事者または遺産分割協議を行った法定相続人のほかに、法定相続人がいないことを確定、証明するために必要です。

被相続人の出生時から死亡時までの戸籍関係証明書を集めた結果、ほかに法定相続人の存在することが判明した場合は、判明した法定相続人を含めて、法定相続分での登記申請または遺産分割協議をし直さなければならないからです。

数次相続ではない事例

登記名義人の被相続人父の死亡前に、母が死亡している場合(母死亡→被相続人父死亡)は、数次相続ではありません。
この場合、母死亡後、被相続人父が死亡した場合、この時点での法定相続人は、子3名です。
この場合、被相続人についての戸籍の証明書は、父について、出生時から死亡時までの戸籍関係証明書(除籍謄本、改製原戸籍謄本)を取得すれば足ります。

数次相続(相続が連続して開始)の事例

登記名義人の被相続人父の死亡後に、母が死亡している場合(被相続人父死亡→母死亡)は、数次相続となります。父死亡時、母が存命ですから、父死亡時点での法定相続人は、母と子3名です。
父死亡後、母が死亡した場合は、母の法定相続人は、子3名です。

この母の法定相続人が子3名で、ほかに法定相続人のいないことを証明するために、父の場合と同様に、母の出生時から死亡時までの戸籍関係証明書(除籍謄本、改製原戸籍謄本)を取得する必要があります。

数次相続による被相続人父死亡後、母死亡の場合の登記申請

法定相続分での相続登記

登記名義人の被相続人父についての相続登記を法定相続分で行うときは、次の2件で登記申請します。

(第1)
登記の目的 所有権移転
原   因 父の死亡日 相続
相 続 人 (亡)母 持分2分の1
       子A持分6分の1  子B持分6分の1 子C持分6分の1

(第2)
登記の目的 母持分全部移転
原   因 母の死亡日 相続
相 続 人 子A持分6分の1  子B持分6分の1 子C持分6分の1

遺産分割での相続登記

登記名義人の被相続人父についての相続登記を遺産分割で行う場合(子Aが名義人となる場合)、次の1件で登記申請します。通常、子が2人以上の場合、遺産分割(協議)で登記します。

登記の目的 所有権移転
原   因 父の死亡日 相続
相 続 人 子A(所有権全部)

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム