【相続登記の難易度(難しい・比較的簡単)の目安】相続登記を自分ですることは可能でしょうか。

  1. 【相続登記の難易度(難しい・比較的簡単)の目安】相続登記を自分ですることは可能でしょうか。
    1. 法定相続人が子1名の相続登記
      1. 【難易度②】被相続人が父、父の前に母が死亡している場合、子1名が相続人となる。
      2. 【難易度③】被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)、子1名が相続人となる。
    2. 法定相続人が孫1名の相続登記
      1. 【難易度③】被相続人が父、父の前に母が死亡している場合で、子1名が父の前に死亡している場合、孫1名が代襲相続人となる。
      2. 【難易度④】被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)で、子1名が父の前に死亡している場合、孫1名が代襲相続人となる。
      3. 【難易度⑤】被相続人が父、父の後に母が死亡、母の後に子1名が死亡している場合(数次相続)、孫1名が相続人となる。(父➡母➡子の順番に死亡)
    3. 法定相続人が子2名(以上)の相続登記:遺産分割協議書で登記する場合
      1. 【難易度③】被相続人が父、父の前に母が死亡している場合、子2名(以上)が相続人となる。
      2. 【難易度④】被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)、子2名(以上)が相続人となる。
      3. 【難易度⑤】名義人が父と母の共有で、被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)、子2名(以上)が相続人となる。
    4. 法定相続人が親1名の相続登記
      1. 【難易度②】被相続人が子、子に配偶者もその子(孫)がいない場合、親が相続人となる。
    5. 法定相続人が兄(弟姉妹)1名の相続登記
      1. 【難易度④】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄(弟姉妹)が相続人となる。祖父母も死亡している。
    6. 法定相続人が兄弟姉妹2名(以上)の相続登記:遺産分割協議書で登記する場合
      1. 【難易度⑤】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄弟姉妹2名(以上)が相続人となる。祖父母も死亡している。
    7. 法定相続人が配偶者と兄弟姉妹2名(以上)の相続登記:遺産分割協議書で登記する場合
      1. 【難易度⑤】被相続人が弟、弟に配偶者はいるが子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、配偶者と兄弟姉妹2名(以上)が相続人となる。祖父母も死亡している。
    8. 法定相続人が配偶者(だけ)の相続登記
      1. 【難易度④】被相続人が夫で、相続人が配偶者だけで、子がいない、両親も兄弟姉妹も被相続人の前に死亡している場合、配偶者だけが相続人となる。祖父母も死亡している。
    9. 代襲相続の相続登記:法定相続人が兄弟姉妹の甥姪(代襲相続人)
      1. 【難易度④】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄が弟の前に死亡。兄の子が代襲相続人となる。祖父母も死亡している。
    10. 数次相続登記:法定相続人が兄弟姉妹の甥姪(兄弟姉妹が被相続人の後に死亡)
      1. 【難易度⑤】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄が弟の後に死亡。兄の配偶者と子が相続人となる。祖父母も死亡している。
    11. 被相続人が養子(普通養子)の相続登記:養子の兄弟姉妹と実親の兄弟姉妹が法定相続人
      1. 【難易度⑥】被相続人が養子(普通養子)、養子に配偶者も子もいない、養子の死亡前に養親と実両親が死亡している場合、養子先の兄弟姉妹と実親の兄弟姉妹が法定相続人となる。祖父母も死亡している。
    12. 公正証書遺言書で相続登記
      1. 【難易度①】法定相続人が配偶者と子(2名以上)、配偶者のみ、子(2名以上)のみ、一人に相続させる。
      2. 【難易度①】法定相続人が配偶者と両親。配偶者に相続させる。
      3. 【難易度①】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹。配偶者に相続させる。
      4. 【難易度③】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹。兄弟姉妹に相続させる。
    13. 自筆証書遺言書(登記所保管制度を利用しない)で相続登記
      1. 【難易度④】法定相続人が配偶者と子(2名以上)、配偶者のみ、子(2名以上)のみ、一人に相続させる。
      2. 【難易度④】法定相続人が配偶者と両親。配偶者に相続させる。
      3. 【難易度⑤】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹。配偶者に相続させる。
      4. 【難易度⑤】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹、兄弟姉妹のみ、兄弟姉妹に相続させる。
    14. 自筆証書遺言書(登記所保管制度を利用する)で相続登記
      1. 【難易度③】法定相続人が配偶者と子(2名以上)、配偶者のみ、子(2名以上)のみ、一人に相続させる。
      2. 【難易度③】法定相続人が配偶者と両親。配偶者に相続させる。
      3. 【難易度④】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹。配偶者に相続させる。
      4. 【難易度④】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹、兄弟姉妹のみ、兄弟姉妹に相続させる。
    15. 遺贈の登記:相続人以外に遺贈
      1. 【難易度②】公正証書遺言書で遺贈登記
      2. 自筆証書遺言書(登記所保管制度を利用しない)で遺贈登記(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        1. 【難易度④】法定相続人が配偶者と子(2名以上)、配偶者のみ、子(2名以上)のみ。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        2. 【難易度④】法定相続人が配偶者と両親。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        3. 【難易度⑤】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        4. 【難易度⑤】法定相続人が兄弟姉妹のみ。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
      3. 自筆証書遺言書(登記所保管制度を利用する)で遺贈登記(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        1. 【難易度③】法定相続人が配偶者と子(2名以上)、配偶者のみ、子(2名以上)のみ。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        2. 【難易度③】法定相続人が配偶者と両親。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        3. 【難易度④】法定相続人が配偶者と兄弟姉妹。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
        4. 【難易度④】法定相続人が兄弟姉妹のみ。(通常、法定相続人以外の第三者に遺贈)
    16. 被相続人が外国人の相続登記

【相続登記の難易度(難しい・比較的簡単)の目安】相続登記を自分ですることは可能でしょうか。

相続登記のケース別に難易度(難しい・比較的簡単な度合)を考えてみます。
難易度が一番低い相続登記を①とし、難易度が一番高い相続登記を⑩とします。

一般の方が、自分で相続登記ができそうなケースは、難易度が①から④程度だと思われます。相続登記を放置すればするほど難易度が高くなりますので、相続が開始したときは、その都度、相続登記をすれば、難易度が高くならないことになります。
また、生前に公正証書遺言書を作成しておくことで、難易度を下げることができます。

難易度が⑧から⑩では、相続登記や相続に強い司法書士でも難しいかもしれません。、
これを参考に自分で相続登記ができるかどうかを検討してください。
相続登記のすべてのケースを網羅しておりませんが、ご了承ください。ご自分で登記をする場合、もっとも近いケースを参考にしてください。

法定相続人が子1名の相続登記

【難易度②】被相続人が父、父の前に母が死亡している場合、子1名が相続人となる。

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本(母の死亡記載)
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人子1名の戸籍謄本
相続人子1名の住民票
相続人子1名の認印

相続登記1件(被相続人:父)で申請

【難易度③】被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)、子1名が相続人となる。

申請方法:法定相続で登記
必要書類と印鑑
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)母の出生から死亡までの除籍謄本
(亡)母の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人子1名の戸籍謄本
相続人子1名の住民票
相続人子1名の認印

相続登記を2件(被相続人:父・母)で申請

法定相続人が孫1名の相続登記

【難易度③】被相続人が父、父の前に母が死亡している場合で、子1名が父の前に死亡している場合、孫1名が代襲相続人となる。

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本(母の死亡記載)
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)子の出生から死亡までの除籍謄本
代襲相続人孫1名の戸籍謄本
代襲相続人孫1名の住民票
代襲相続人孫1名の認印

相続登記1件(被相続人:父)で申請

【難易度④】被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)で、子1名が父の前に死亡している場合、孫1名が代襲相続人となる。

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)母の出生から死亡までの除籍謄本
(亡)母の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)子の出生から死亡までの除籍謄本
代襲相続人孫1名の戸籍謄本
代襲相続人孫1名の住民票
代襲相続人孫1名の認印

相続登記を2件(被相続人:父・母)で申請

【難易度⑤】被相続人が父、父の後に母が死亡、母の後に子1名が死亡している場合(数次相続)、孫1名が相続人となる。(父➡母➡子の順番に死亡)

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)母の出生から死亡までの除籍謄本
(亡)母の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)子の出生から死亡までの除籍謄本
(亡)子の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人孫1名の戸籍謄本
相続人孫1名の住民票
相続人孫1名の認印

相続登記を3件(被相続人:父・母・子)で申請

法定相続人が子2名(以上)の相続登記:遺産分割協議書で登記する場合

法定相続人が子2名(以上)の場合で、遺産分割協議書で相続登記をする場合です。
自分でもできそうな遺産分割協議書による不動産相続登記、預貯金相続の手順、費用の具体例(相続登記相談)を参考にしてください。

【難易度③】被相続人が父、父の前に母が死亡している場合、子2名(以上)が相続人となる。

申請方法:遺産分割協議書で登記をする場合
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本(母の死亡記載)
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人子2名(以上)の戸籍謄本
相続人子2名(以上)の印鑑証明書
新たに名義人となる相続人子の住民票
相続人子2名(以上)の実印
遺産分割協議書

相続登記1件で申請

【難易度④】被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)、子2名(以上)が相続人となる。

申請方法:遺産分割協議書で登記をする場合
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)母の出生から死亡までの除籍謄本
相続人子2名(以上)の戸籍謄本
相続人子2名(以上)の印鑑証明書
新たに名義人となる相続人子の住民票
相続人子2名(以上)の実印
遺産分割協議書

相続登記1件で申請

【難易度⑤】名義人が父と母の共有で、被相続人が父、父の後に母が死亡している場合(数次相続)、子2名(以上)が相続人となる。

申請方法:遺産分割協議書で登記をする場合
必要書類
被相続人父の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人父の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
被相続人母の出生から死亡までの除籍謄本
被相続母の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人子2名(以上)の戸籍謄本
相続人子2名(以上)の印鑑証明書
新たに名義人となる相続人子の住民票
相続人子2名(以上)の実印
遺産分割協議書を2通(被相続人父と母)を作成する。

相続登記を2件(被相続人:父・母)で申請
過去に作成された遺産分割協議書で被相続人(登記名義人)父・母の相続登記の方法(事例)を参考にしてください。

法定相続人が親1名の相続登記

【難易度②】被相続人が子、子に配偶者もその子(孫)がいない場合、親が相続人となる。

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人子の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人子の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人親の戸籍謄本
相続人親の住民票
相続人親の認印

相続登記1件(被相続人:子)で申請

法定相続人が兄(弟姉妹)1名の相続登記

【難易度④】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄(弟姉妹)が相続人となる。祖父母も死亡している。

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人弟の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人弟の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)両親の出生から死亡までの除籍謄本
祖父母の除籍謄本(死亡を証明)
相続人兄(弟姉妹)1名の戸籍謄本
相続人兄(弟姉妹)1名の住民票
相続人兄(弟姉妹)1名の認印

相続登記1件(被相続人:弟)で申請

法定相続人が兄弟姉妹2名(以上)の相続登記:遺産分割協議書で登記する場合

法定相続人が兄弟姉妹2名(以上)の場合で、遺産分割協議書で相続登記をする場合です。

【難易度⑤】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄弟姉妹2名(以上)が相続人となる。祖父母も死亡している。

申請方法:遺産分割協議書で登記をする場合
必要書類
被相続人弟の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人弟の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)両親の出生から死亡までの除籍謄本
祖父母の除籍謄本(死亡を証明)
相続人兄弟姉妹2名(以上)の戸籍謄本
相続人兄弟姉妹2名(以上)の印鑑証明書
名義人となる相続人兄弟姉妹の住民票
相続人兄弟姉妹2名(以上)の実印
遺産分割協議書

相続登記1件(被相続人:弟)で申請

法定相続人が配偶者と兄弟姉妹2名(以上)の相続登記:遺産分割協議書で登記する場合

法定相続人が配偶者と兄弟姉妹2名(以上)の場合で、遺産分割協議書で相続登記をする場合です。

【難易度⑤】被相続人が弟、弟に配偶者はいるが子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、配偶者と兄弟姉妹2名(以上)が相続人となる。祖父母も死亡している。

申請方法:遺産分割協議書で登記をする場合
必要書類
被相続人弟の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人弟の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)両親の出生から死亡までの除籍謄本
祖父母の除籍謄本(死亡を証明)
配偶者の戸籍謄本
相続人兄弟姉妹2名(以上)の戸籍謄本
配偶者の印鑑証明書
相続人兄弟姉妹2名(以上)の印鑑証明書
名義人となる相続人の住民票
相続人配偶者の実印
相続人兄弟姉妹2名(以上)の実印
遺産分割協議書

相続登記1件(被相続人:弟)で申請

法定相続人が配偶者(だけ)の相続登記

【難易度④】被相続人が夫で、相続人が配偶者だけで、子がいない、両親も兄弟姉妹も被相続人の前に死亡している場合、配偶者だけが相続人となる。祖父母も死亡している。

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人弟の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人弟の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)両親の出生から死亡までの除籍謄本
祖父母の除籍謄本(死亡を証明)
(亡)兄弟姉妹の出生から死亡までの除籍謄本
相続人配偶者の戸籍謄本・住民票・認印

相続登記1件(被相続人:夫)で申請

代襲相続の相続登記:法定相続人が兄弟姉妹の甥姪(代襲相続人)

【難易度④】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄が弟の前に死亡。兄の子が代襲相続人となる。祖父母も死亡している。

第3順位の兄弟姉妹がすでに(被相続人弟の前に)亡くなっている場合、甥姪が相続人となる。(代襲相続

申請方法:法定相続で登記
必要書類
被相続人弟の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人弟の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)両親の出生から死亡までの除籍謄本
祖父母の除籍謄本(死亡を証明)
(亡)兄の出生から死亡までの除籍謄本
相続人甥(兄の子)の戸籍謄本・住民票・認印

相続登記1件(被相続人:弟)で申請

数次相続登記:法定相続人が兄弟姉妹の甥姪(兄弟姉妹が被相続人の後に死亡)

【難易度⑤】被相続人が弟、弟に配偶者も子がいない、弟の死亡前に両親が死亡している場合、兄が弟の後に死亡。兄の配偶者と子が相続人となる。祖父母も死亡している。

被相続人弟の後に兄が死亡した場合、兄に配偶者がいれば、配偶者も相続人となる。

申請方法:法定相続で登記をする場合
必要書類
被相続人弟の出生から死亡までの除籍謄本
被相続人弟の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(亡)両親の出生から死亡までの除籍謄本
祖父母の除籍謄本(死亡を証明)
(亡)兄の出生から死亡までの除籍謄本
(亡兄)の死亡時の住民票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
相続人配偶者の戸籍謄本・住民票・認印
相続人甥(兄の子)の戸籍謄本・住民票・認印

申請方法:遺産分割協議書で登記をする場合
遺産分割協議書
相続人配偶者の実印・印鑑証明書
相続人甥(兄の子)の実印・印鑑証明書

相続登記1件(被相続人:弟)で申請
登記の原因:平成25年〇月〇日(兄氏名)相続平成28年〇月〇日相続

被相続人が養子(普通養子)の相続登記:養子の兄弟姉妹と実親の兄弟姉妹が法定相続人

【難易度⑥】被相続人が養子(普通養子)、養子に配偶者も子もいない、養子の死亡前に養親と実両親が死亡している場合、養子先の兄弟姉妹と実親の兄弟姉妹が法定相続人となる。祖父母も死亡している。

被相続人養子の相続で、養子(普通養子)の「実親の兄弟姉妹」が法定相続人となる場合です。
特別養子縁組の場合、養子先の兄弟姉妹が法定相続人となりますが、実親の兄弟姉妹は法定相続人となりません。
「特別養子」は、実の親との関係は、法律上、完全に切れます(実方の血族との親族関係が終了する縁組)ので、相続については、実の親の相続人となることができません。
「特別養子縁組」は、養親が25歳以上、養子が原則15歳未満であることが必要です。
特別養子縁組は、家庭裁判所に特別養子縁組の申立てをし、その審判によって成立します。(令和2年4月1日施行改正民法

公正証書遺言書で相続登記

公証役場で作成した公正証書遺言書で相続登記をする場合です。

【難易度①】法定相続人が配偶者と子(2名以上)、配偶者のみ、子(2名以上)のみ、一人に相続させる。

難易度が低い理由:相続人が配偶者・子の場合、被相続人の出生から死亡までの除籍謄本を取得する必要がないからです。被相続人と「相続させる」の相続人配偶者・子の関係を証明できる戸籍関係書類を取得すればよいからです。
申請方法:遺言書で「相続」を登記原因として登記
必要書類
(1)相続関係説明図(場合によって作成。必ずしも作成しなくてよい。)
(2)被相続人夫の死亡時の除籍謄本
(3)被相続人夫の死亡時の住民票除票(本籍地記載)(または戸籍の附票)
(4)遺言書で「相続させる」と記載されている相続人配偶者・子の戸籍謄本・住民票
(5)遺言書

【難易度①】法定相続人が配偶者と両親。配偶者に相続させる。

難易度が低い理由:相続人が配偶者と両親の場合で、「配偶者に相続させる」場合、被相続人の出生から死亡までの除籍謄本を取得する必要がないからです。被相続人と「相続させる」の相続人配偶者の関係を証明できる戸籍関係書類を取得すればよいからです。
申請方法:遺言書で「相続」を登記原因