相続した土地を分割したいとき(方法)

この記事は約2分で読めます。

相続した土地を分割したいとき(方法)

土地を分割して相続する場合の登記方法は、
相続が開始して、例えば600平方メートルの土地があり、被相続人の子4人でこれを4つに分割して相続したいという場合の登記は、どのようにするのでしょうか。

土地を4つに分割するので、土地分筆登記をする必要があります。
相続登記(不動産名義変更)も当然する必要があります。
この2つの登記をどういう順番で登記したらよいでしょうか。

第1の方法:①相続登記 →②分筆登記 →③遺産分割で移転登記

第1の方法は、最初に相続登記をして、次に、土地の分筆登記をするという方法です。
最初に、相続登記する方法では、4人の共有名義に相続登記(法定分で相続登記)します。
これは、法定相続分4分の1ずつで相続登記します。

次に、土地を4つに分割する土地分筆登記をします。
土地を4つに分筆すると、登記記録には、4つの土地すべて同じ内容の登記事項が記載されます。
すなわち、子4人の持分4分の1ずつが、共有者として4つの土地に記載されます。

これをそれぞれ単独所有(単独所有とする遺産分割)とするには、例えば、子Aの単独所有とするには、子BCDの持分をAに移転します。同じように、B、C、Dについても持分移転登記をします。
この登記の原因は、「遺産分割」になります。

第2の方法:①分筆登記 →②相続登記

第2の方法は、最初に土地の分筆登記をして、次に、相続登記をするという方法です。

最初の分筆登記の段階では、まだ被相続人名義のままで、4つに分筆します。
このとき、分筆登記の図面、地積測量図をつけます。

次に、土地を4つに分筆したところに、子ABCDそれぞれ単独名義(単独名義とする遺産分割)に相続登記をします。

第2の方法の方が費用が安い

第1の方法では登記を3回(分筆登記を含めて)、第2の方法では登記を2回することになります。結局、登記の手間と時間、費用の問題で、第2の方法を採るのが一般的です。

ちなみに、分筆登記は、土地家屋調査士という国家資格登録者が代理して登記します。
分筆登記の費用(土地家屋調査士に支払う手数料)は、土地の大きさ、形状によって異なりますが、最低でも20万円くらいかかるのが普通です。上記の事例の場合のように土地の地積(面積)が大きい場合、50万円以上かかるかもしれません。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム