住宅ローンの相続

この記事は約2分で読めます。

住宅ローンの相続

相続人は、基本的に被相続人の財産全部を相続します。
相続の対象にならない一身専属権などを除いてすべて相続します。
通常の財産では、不動産や預貯金などの積極財産、借金などの消極財産の両方を相続します。

相続が開始したとき、住宅ローンについては、通常、被相続人が団体信用生命保険に加入していたのであれば、団体信用生命保険からの保険金で住宅ローンを返済することになります。
この団体信用生命保険の保険料は、年間2万円くらいです。

もし、この団体信用生命保険の保険料を返済途中で支払っていなかったときは、相続人が住宅ローン全額を返済しなければなりません。

住宅ローン以外の債務については、通常、保険金で自動的に返済、ということがないので、相続人は、被相続人の債務を相続し返済しなければなりません。
これは、相続人が被相続人の債務について保証人となっていなかった場合でも、相続人として当然、債務を相続します。

住宅ローンの場合は、ローンの債務者が亡くなったとき、残された家族が住む場所を失うということを避けるのが政策的な目的です。

これに対して、ほかの債務は、このようなことがないのが普通です。
通常の生命保険に加入していたのであれば、この保険金で債務を返済することになります。

団体信用生命保険の保険金で返済して、不動産を相続した場合、被相続人にほかの債務があったとき、相続人はその債務を相続し返済しなければなりません。

この場合のように、不動産や預貯金を相続したときは、相続放棄(家庭裁判所の手続き)によって、ほかの債務の返済を免れることはできません。
相続放棄は、すべての財産を放棄することになるからです。

団体信用生命保険からの保険金で住宅ローンを返済した後、不動産に登記された抵当権を抹消登記する手続きをします。
この抵当権の抹消登記は、通常、不動産の相続登記(不動産名義変更)と同時期にします。
相続登記と同時に抹消登記できるか、あるいは、相続登記をしてから抹消登記をするかは、住宅ローンを取り扱う金融機関によって異なります。金融機関によっては、先に相続登記をして名義が変わってからでないと抵当権抹消登記書類を渡してくれない金融機関もあります。

「相続登記相談事例など」に戻る

tel:045-222-8559 お問合わせ・ご相談・お見積り依頼フォーム