相続登記情報館トップ相続事例集相続登記と相続税の申告の順番は?

相続登記と相続税の申告の順番は?

相続登記申請と相続税の申告、どちらを先にすべきでしょうか?

相続登記の申請に期限はありません。
相続税の申告(=納税)は、相続開始から10か月以内が期限です。

相続税の申告をする必要がない場合は、あせる必要もないでしょう。

相続税の申告が必要な場合で納税もしなければならない場合は、10か月以内にしないと、延滞税が自動的に加算されます。

税務署の延滞税は、とんでもなく高いです。消費者金融の利息なみです。場合によっては、消費者金融より高いです。

ですから、10か月の間に、なんとか相続人の間で話し(遺産分割)をまとめなければなりません。

話しがまとまらない場合は、延滞税がかかり、場合によっては、税務署の代位で相続登記がされ、差押の登記もされてしまいます。
抵当権設定の登記もされてしまいます。

相続税の申告をする必要はあるが、比較的容易に(10か月以内に)相続人の間で遺産分割ができる場合、相続登記申請と相続税の申告、どちらを先にすべきでしょうか?

そこで、戸籍の証明書など、登記所と税務署では、扱いが異なります。
登記所は、提出書類の原本を返してくれます。(この意味では親切)
税務署は、提出書類の原本を返してくれません。(不親切)

ですから、10か月の以内に余裕をもって税務申告ができる場合は、登記の申請を先にすべきです。

登記の申請を先にして、登記所から書類の原本を返してもらい、この書類で税務申告をすれば、書類の取得を2度する必要がありません。

特に、遺産分割で相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明書を2回にわたって取得するよりは、1回の取得で済めば、相続人に対して、余計な疑念を持たれなくて済みます。