相続登記情報館トップ相続事例集相続登記に応じない他の法定相続人への説明

相続登記に応じない他の法定相続人への説明

法定相続人・●●●●様は、他の法定相続人・□□□□様に対して、再三再四、相続登記に応ずるよう問いかけをしてきましたが、一向に応じないため、法定相続人・●●●●様の相続権を確保するため、●●●●様お一人での法定相続登記をすることを決意されました。

□□□□ 様

法定相続登記についての説明書

被相続人○○○○様の法定相続分での相続登記(法定相続登記)について説明させていただきます。

1 ご用意いただく書類

□□□□様
1) 相続登記用委任状  1通
2) 戸籍謄本   1通
3) 住民票    1通(本籍その他すべて記載されたものをご用意ください。)

2 法定相続による所有権移転登記の方法

?まず、被相続人・○○○○様の所有権について移転登記をいたします。
法定相続分は、(亡)△△△△様が持分2分の1、●●●●様が持分4分の1、□□□□様が持分4分の1となります。

?次に、?と同時申請となります。
被相続人・△△△△様の持分2分の1について移転登記をいたします。
法定相続分は、●●●●様が持分4分の1、□□□□様が持分4分の1となります。

?と?の登記をすることによって、最終的な持分は、●●●●様が持分2分の1、□□□□様が持分2分の1となります。

3 登記完了後の権利証について

上記?と?の登記が完了しますと、●●●●様は権利証が2通、□□□□様も権利証が2通発行されます。
これら4通で不動産全体の権利証となります。

現在、不動産を管轄する■■法務局▼▼出張所では、権利証を「登記識別情報」で発行しております。

4 相続登記用の委任状について
当事務所作成の委任状は、上記?と?の相続登記を申請するための委任状です。
これに、委任日、住所と氏名のご記入、認印の押印をお願いいたします。

法定相続分での相続登記(法定相続登記)の場合、法定相続人のうちのお一人が登記申請することもできます。(共有者の保存行為として)
この場合、申請人となった相続人には、上記登記完了後の「登記識別情報」(権利証)が発行されますが、申請人とならなかった相続人には、「登記識別情報」(権利証)は発行されません。

したがいまして、●●●●様と□□□□様から相続登記用の委任状に署名と押印をいただく必要がありますので、よろしくお願いいたします。

5 登記費用について

1)登録免許税について
上記法定相続登記を?と?の2回同時に連続して申請いたしますので、御見積書に記載しました登録免許税となります。

登録免許税の計算方法は、評価価格の0・4%です。
これからオンラインでの申請による減税として、5,000円が減額されます。
この減額を受けるには、相続登記の申請を年内にする必要があります。

2)除籍謄本など相続証明書実費
現在、○○○○様、△△△△様の除籍謄本など相続証明書を申請中ですので、確定した金額ではありません。

3)司法書士報酬について
上記法定相続登記を?と?の2回同時に連続して申請いたしますので、御見積書に記載しました報酬となります。