相続登記情報館トップ相続登記用語集相続登記用語集(ヤ行ラ行)養子,利益相反行為,利害関係人,離縁

相続登記用語集(ヤ行ラ行)養子,利益相反行為,利害関係人,離縁

 目次(下の項目をクリックしていただくとジャンプします。)

養子(ようし)

養子とは、養子縁組の届出をすることによって、養親と親子の関係になること、
嫡出子の身分を取得した人のこと。

実子と同じ法律上の立場に立ちます。

相続について、養子は、養親の相続人となることもでき、
実の親の相続人となりこともできます。

これに対し、特別養子は、実の親との関係は、法律上、完全に切れるので、
相続については、実の親の相続人になることができません。

特別養子縁組は、養親が25歳以上、養子が6歳未満であることが必要です。
特別養子縁組は、家庭裁判所に特別養子縁組の申立てをし、その審判によって成立します。

なお、養子の相続は?を参照してください。

利益相反行為(りえきそうはんこうい)

利益相反行為とは、法律行為をする場合に、
当事者の間で、法律上の利益が相反するときの行為をいいます。

この場合、原則は、一方が他方を代理したり、双方を代理することができません。

例えば、相続手続きにおいて、親権者は、遺産分割協議をするときに、
子を代理することができません。
その子のために、家庭裁判所に特別代理人選任を申し立て、
その特別代理人が子に代わって、親権者と遺産分割協議をします。

利害関係人(りがいかんけいにん)

利害関係人とは、法律行為の直接の当事者ではないけれども、
ある法律関係によって法律上の利益を受けるか不利益を受ける人のこと。

例えば、相続手続きにおいて、
相続人の中に行方不明の人がいる場合の不在者財産管理人選任の申し立て、
失踪宣告の申し立てをするときの利害関係人は、
相続人だけではなく、利害関係人として、親族や債権者です。

離縁(りえん)

離縁とは、養子縁組によって成立した養親子関係を解消すること。

離縁は、届出による方法、家庭裁判所に申し立てる方法があります。
特別養子の離縁は、養子の利益のため特に必要があるときに限って、
家庭裁判所の審判でのみ認められます。