相続登記情報館トップ相続事例集相続登記申請の登記原因証明情報は、なんですか?

相続登記申請の登記原因証明情報は、なんですか?

平成17年3月7日施行された改正不動産登記法によって、登記申請の添付書類の呼び名とその内容が変わりました。

登記原因証明情報の「情報」、という言葉は、オンラインで登記申請をすることを前提に、オンラインで情報を送信するということから「情報」という言葉を使います。

改正前は、書類を提出する、登記所に持っていくことから「書」という言葉を使っていました。

登記原因証明情報は、一部を除いて、ほぼすべての権利に関する登記で、登記の原因となる証明情報を提供しなければならなくなりました。

相続登記の場合、改正前は、「相続を証する書面」という言葉を使っていましたが、他の登記と同様に、登記原因証明情報という言葉に変わりました。

売買、贈与、交換などの所有権移転登記の場合、改正前は、必ずしも原因証書を添付する必要がありませんでしたが、改正後は、所有権移転登記の原因を証明する書類の提供が必要になります。

これは、確かにその登記が実体を伴っている、ということを申請人において証明する必要があるということです。

相続登記申請における登記原因証明情報には、相続関係説明図遺産分割協議書があります。
厳密には、この場合の登記原因証明情報は、被相続人の出生までの除籍謄本一式と法定相続人全員の戸籍証明書です。
遺産分割による相続の場合は、遺産分割協議書とこれに付属させる法定相続人全員の印鑑証明書を含めます。

相続関係説明図は、亡くなった方(被相続人)と法定相続人との関係を図にして表示したものです。

この相続関係説明図を作成、添付することによって、登記完了後に戸籍謄本や除籍謄本などの相続証明書を登記所から返却してもらうことができます。

もっとも、相続登記申請をオンラインでするときは、必ず、相続関係説明図を添付する必要があり、これをPDFファイルにして添付、送信します。

法定相続分による相続登記の場合は、相続関係説明図(厳密には、被相続人の出生までの除籍謄本一式と法定相続人全員の戸籍証明書)が登記原因証明情報になります。

遺産分割による相続登記の場合は、相続関係説明図(厳密には、被相続人の出生までの除籍謄本一式と法定相続人全員の戸籍証明書)のほかに、遺産分割協議書が登記原因証明情報になります。

遺産分割協議書には、印鑑証明書を付けることになっています。

したがって、遺産分割による相続登記の場合は、相続関係説明図(厳密には、被相続人の出生までの除籍謄本一式と法定相続人全員の戸籍証明書)、遺産分割協議書、法定相続人の印鑑証明書が、登記原因証明情報になります。

遺産分割による相続登記申請をオンラインでするときも、相続関係説明図をPDFファイルにして添付、送信します。

オンライン申請の導入当初、遺産分割による相続登記を申請する場合、相続関係説明図のほかに遺産分割協議書をPDFファイルにして添付、送信することとされていました。

現在は(平成26年)、遺産分割による相続登記の場合であっても、法定相続による登記と同様に、相続関係説明図のみをPDFファイルにして添付、送信することになっています。