相続登記情報館トップ相続事例集相続相談:相続放棄と第二順位相続人への連絡

相続相談:相続放棄と第二順位相続人への連絡

質問
被相続人には、生前の借金があるようなので、自分たちに請求されるおそれがあります。
被相続人には、プラスの遺産がありませんので、家庭裁判所への相続放棄の申述を考えています。
この場合、第二順位の相続人に、自分たちが相続放棄したことを連絡して、第二順位の相続人にも相続放棄の申述をしてもらったほうがよいでしょうか?

第二順位の相続人は、被相続人のプラス・マイナスの遺産についての認識はありません。

自分が相続放棄した場合、借金の債権者に、相続放棄したことを連絡、通知した方がよいでしょうか?

答え
被相続人の生前の借金がほんとうにあるのかどうか、仮にあったとしても、現時点で、第二順位の相続人はそのことを知りません。

被相続人の生前の借金を請求されるおそれがあるのであれば、家庭裁判所に相続放棄の申述をした方がよいでしょう。

相続放棄した場合、債権者からの請求がある前に、自分たちから債権者に相続放棄したことを連絡、通知する必要はありません。
債権者からの請求があったときに、家庭裁判所発行の相続放棄受理証明書を郵送すればよいでしょう。

次に、第二順位の相続人への連絡については、自分たちが相続放棄したので、第二順位の相続人にも相続放棄の申述をしてください、という連絡を今すぐにしなくてもよいでしょう。

債権者が第一順位の相続人の相続放棄を知った場合、その後、第二順位の相続人に請求するかどうかも現時点ではわからないからです。

第一順位の相続人は、第二順位の相続人が相続放棄した場合の手続費用も負担することを考えていることもあり、第二順位の相続人のことを心配されているようです。

第二順位の相続人に連絡する時期は、第一順位の相続人に対して債権者からの請求があった後に連絡するのがよいでしょう。

第二順位の相続人との関係が希薄な場合は、連絡しない、ということも一つの方法です。

連絡する際は、電話で簡単に説明し、この間、連絡しなかった理由と請求されるおそれのある借金の内容を説明した書面を作成して、郵送するのがよいでしょう。

第二順位の相続人の相続放棄する時期が、被相続人の相続開始から3か月を過ぎても、問題ありません。

(相続の承認又は放棄をすべき期間)
第915条  相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2  相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。

第二順位の相続人は、自分が相続人となったこと(相続権があること)を知った時から3か月以内に、相続放棄の申述をするばよいことになります。

さらに、第二順位の相続人が、被相続人の生前の借金について知らないので、自分が相続人となったこと(相続権があること)を知った時から3か月を過ぎた後に債権者から請求があった場合にも相続放棄の申述をすることができます。

参照:第2順位以降の相続放棄
   限定承認の申述
   第1順位の相続人で相続債務を止める限定承認