相続登記情報館トップ相続事例集相続財産の遺産分割協議書の作成方法

相続財産の遺産分割協議書の作成方法

相続財産の遺産分割の方法は、法定相続人全員が参加して遺産分割の協議をします。

法定相続人の一部の人だけで、遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成しても、その遺産分割協議は無効となります。
必ず、法定相続人全員が協議に参加する必要があります。

遺産分割協議が成立するには、法定相続人全員の参加と協議の内容に同意することが必要です。

法定相続人全員が同意して遺産分割協議が成立したときは、確かに協議が成立したことを証する遺産分割協議書を作成し、法定相続人全員が、署名、実印を押印します。

法定相続人全員の印鑑証明書も必要になります。
市区町村町に印鑑(実印)の登録をしていない法定相続人は、印鑑の登録をして印鑑証明書を取得します。

遺産分割協議書は、一枚の用紙に法定相続人全員が連署するのが基本ですが、遠方その他の事情によって連署できないときは、同じ内容の遺産分割協議書を作成して、個別に、署名、実印を押印することもできます。

相続財産の一部の遺産分割
遺産分割の基本は、遺産である相続財産すべてについて、法定相続人の間で遺産分割の協議をします。

ですが、なんらかの事情で、相続財産の一部について遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成して相続手続きを行うことができます。

遺産分割の協議の対象とならなかった相続財産について、別途、協議をして遺産分割協議書を作成して相続手続きを行うことができます。