トップ相続相談事例集遺産分割を行う上での記録の重要性

遺産分割を行う上での記録の重要性

相続相談事例
祖父名義の不動産があり(祖母はその前に死亡)、祖父死亡前に、祖父の子らから不動産は、長男の所有に同意する旨の書面をもらっていた。
祖父死亡後、長男が死亡し、その子(孫)の名義に変更登記した。
その後、祖父の他の子らが不動産を含め遺産全部を法定相続分どおりに均等に分配してほしいとの申出があった。どうしたらよいか。

まず、不動産については、祖父の他の子らが同意して最終的に孫名義に変更登記しているので、不動産については、遺産分割が完了しているといってよいでしょう。
この際、祖父の長男名義とする際、遺産分割協議書、あるいは、特別受益証明書に祖父の他の子らの署名、実印、印鑑証明書があるので、これを翻すのは難しいでしょう。
ただ、不動産を含めて、認められるかどうかは別にして、祖父の遺産分割調停を家庭裁判所に申し立てることは可能です。

祖父に不動産以外の遺産があったのであれば、この遺産は遺産分割の対象とされていなかったので、遺産分割協議により決めることになります。

特に、家庭裁判所での遺産分割調停では、祖父の子らのうち、祖父に寄与した相続人がいれば寄与分として、祖父の生前、結婚資金や生活援助費など相続人が贈与を受けていたのであれば特別受益として考慮されることになるでしょう。

相続人同士での遺産分割協議、家庭裁判所での遺産分割調停どちらにしても、相続人間の争いを明確にする意味でも、祖父の生前に、祖父の生前の金銭のやり取りの記録をとっておくのがベストの方法です。
これは、なかなか難しい、親族間のことなので曖昧となりがちですが、将来の争いを未然に防ぐという意味でも、「祖父」も含めて心がけるべきであった、心がけるべきことでしょう。